戸塚祥太、つか作品で“男の色気”全開 恋愛も「機会があれば経験しないと…」

2016年2月8日 / 17:52

宗介の妻レイ子を演じる高橋由美子

 つかこうへい作の舞台「寝盗られ宗介」の制作発表会見が8日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、高橋由美子、福田沙紀、演出の錦織一清ほかが登壇した。

 本作は、女房への愛の高揚のため、幾度となく女房を他の男と駆け落ちさせるドサ回り一座の座長・宗介を軸に、個性豊かで一癖も二癖もある座員たちの姿を描く喜劇。

 つか作、錦織演出の舞台への出演は「熱海殺人事件」「出発」「広島に原爆を落とす日」に続き4作目となる戸塚は「つかさん独特の世界観あふれる作品にまた挑戦できるのがうれしい。最高の作品にしたいです、します」と宣言。また、「今回は“座長”役ということもあり、(僕も)そろそろ本当に座長らしくなりたいと思います」と力強く語った。

 また、役柄にちなんで「男の色気」について質問を受けた戸塚は、「懐の深さ、すべてを引き受ける力といいますか…、孤独やその人にしか分からないところでの戦いだったり…はつらつとしても悲しみが見えたり、背負っている感じが色気につながるのでは」と分析。その一方「僕自身はまだまだ空っぽ」と自虐交じりに語り、「稽古の中で何かを肥やしにしていけたら」と語った。

 それでも、リポーターから「最近、色気が出てきたのでは?」と突っ込まれた戸塚は「衣装に助けられているだけ」と謙遜したが、すかさず錦織が「僕と同世代の女性が、とっつー(戸塚)の写真を見て『エロい』って言っていた。さては、プライベートで何かあったのでは?」とからかった。

 驚いた戸塚は「そんなことはないのですが…」と否定しながらも「人間としては大事なこと。そういうのは機会があれば経験しなければ駄目ですから。僕はいろいろ欠けているので」と語った。

 しかし「A.B.C-Zの中でも寝盗り合っているかもしれない」と冗談を続ける錦織には、「そんなグループありますか?」と困った表情を見せて笑いを誘った。

 さらに、宗介の妻・レイ子を演じる高橋とは「過去にカップル役を演じたことがある」という錦織は「今回、とっつーが(役柄として)早速高橋を寝盗った」と戸塚イジリを続行。「座長としてみんなを食事に連れて行けるよう頑張りたい」と意気込む戸塚に対し、「僕は行きませんよ。連れていってもらうと、(結果的に)いつも僕が払っている。今年は丁重にお断りします」と逃げ腰だった。

 舞台は4月16日の大阪、松竹座を皮切りに、福岡、愛知で上演。5月24日~29日、都内、新橋演舞場で上演。


芸能ニュースNEWS

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

amazon

page top