新感覚バラエティー、とにかく明るい安村らが餌食に ドラマとドッキリが融合!

2015年12月23日 / 14:24

「ドッキリはドラマのあとで」テレビ朝日系で12月30日午後11時40分から放送

 ドラマがリアルなドッキリで完結するというテレビ朝日の新感覚バラエティー番組「ドッキリはドラマのあとで」が30日に放送され、ハライチの澤部佑、内田理央、小日向文世、とにかく明るい安村、倉持由香、渡辺麻友(AKB48)、小峠英二(バイきんぐ)、木下隆行(TKO)、トレンディエンジェル、西村瑞樹らが出演する。

 物語は東京の片隅にある「驚きがあれば人生が豊かになる」を社訓にしたカフェ「ドッキリ屋」を舞台に、リアルな悩みを抱えて訪れる芸能人たちの依頼にドッキリを仕掛けて解決していくというもの。物語のフリとなる部分は脚本のあるドラマの世界観で展開され、オチとなるクライマックスは脚本もせりふもないドッキリで完結する。

 重要なポイントを整理しながら物語を進行するストーリーテラーを小日向文世、ドラマ部分に出演するドッキリの仕掛け人をハライチの澤部佑、新米仕掛け人を内田理央が務めるほか、仕掛け人のボスに野間口徹、情報屋にハライチの岩井勇気も出演する。

 南海キャンディーズの山里亮太からの依頼に応えるエピソード1「パクリ疑惑?とにかく明るい安村を懲らしめろ!」は、とにかく明るい安村がターゲット。「ドッキリで懲らしめる」をテーマに、倉持由香、渡辺麻友(AKB48)を協力者に迎えて安村にドッキリを仕掛ける。

 エピソード2「女性問題でお騒がせなバイきんぐ小峠に喝を入れろ!」では、バイきんぐの小峠英二をターゲットに据え、木下隆行(TKO)、トレンディエンジェル、相方の西村瑞樹の協力のもと「ドッキリで喝を入れる」というテーマを遂行する。

 澤部は「ドラマに出させていただいて、ドッキリの現場にも行って、と今までにない感覚です」と率直な感想を語り、依頼からターゲットの調査、その積み重ねで完成していくドッキリの工程を描くこの番組について「思わずのめり込んで見られる作りです。ドッキリの一番面白いところは痛快さや爽快感なので、この番組ではそれがより強く感じられるでしょう」とアピールした。

 初めて仕掛け人として安村へのドッキリに参加したという内田は「バレないようにADの格好をしたんです。ドッキリ特有の緊張感みたいなものをすごく感じました」と振り返る。さらに、ドラマ部分では「ここまでコミカルな演技も初めてだったので新鮮な気持ちでやらせていただきました。コミカルな私もみどころですので楽しみにしていただきたいです」と期待を寄せた。

 番組は12月30日午後11時40分からオンエア。

 


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top