西島秀俊、長澤まさみ、ピエール瀧がそろいのメガネで登場 WOWOWの新TVCMシリーズ

2015年10月29日 / 20:30

“WOWOWメガネ”をかけた(左から)ピエール瀧、西島秀俊、長澤まさみ

 WOWOWの新TV-CMに西島秀俊、長澤まさみ、ピエール瀧が起用され、そろってユニークなメガネ姿を披露している。

 「WOWOWの良さ」篇では、それぞれが三者三様にWOWOWの魅力を語る様子を通じて「目の前を、おもしろく。」という新たなキャッチコピーを表現。“WOWOW”のロゴをかたどった青いメガネをかけると突然スイッチが入り、誰もがカメラ目線でWOWOWの魅力を語りたくなるという設定のもと、ラストカットでは3人による今後の新しいコミュニケーションの幕開けも告知する。

 西島が主人公として登場する「MOZU」篇では、とあるクラシカルな洋館の書斎を舞台に、ふいに執事から渡されたメガネをかけた瞬間、突然饒舌に魅力を語り出すという上質かつシュールなギャップのある世界観を描く。今後のシリーズでは今作の続編や長澤、ピエールを主人公にしたストーリーも順次オンエアされるという。

 2パターンのCMに登場する西島は「ロケーションはもちろん、美術にも相当凝っていました。自分がかけた“WOWOWメガネ”も事前にいろいろなサイズをフィッティングして見え方などを細かく調整しました」と並々ならぬこだわりぶりを明かした。自身の好きなコンテンツを問われると「最近はスポーツを流しながらのんびり過ごすのが好きです。この前もなんとなくゴルフ中継をつけて、ボーッと見ていました。僕自身、ゴルフはまったくやらないんですけどね」と茶目っ気たっぷりに語った。

 2005年オンエアの「ピアノ」篇以来、10年ぶりにWOWOWのCMに出演する長澤は「めぐりあわせってあるものだなと思いました。WOWOWメガネをフィッティングしてこの企画を知った時から、かわいらしくてちょっと面白い感じがして、私の性格にすごく合っているストーリーだと思いました」と期待を寄せた。

 ピエール瀧の“スイッチが入る”コンテンツについては「リーガの観戦ですね。見ていて楽しいのはFCバルセロナのサッカー。バルサが好き過ぎてスペインまで観戦に行ったぐらいですから」とサッカー好きの一面を熱く語り、「オンエアでは応援歌がないのですが、選手入場の時には応援歌が流れるなど、オンエアされる内容と実際に行った時の雰囲気を比べて楽しんでいます」と新たな楽しみ方をアピールしていた。

 新TV-CMは11月1日から全国でオンエア。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top