吉田羊「いまだに夢のよう」 報知映画賞で助演女優賞を受賞

2015年12月16日 / 20:02

助演女優賞を受賞した吉田羊

 報知新聞社制定の「第40回報知映画賞」の表彰式が16日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した佐藤浩市、主演女優賞の樹木希林、助演男優賞の本木雅弘、助演女優賞の吉田羊、新人賞の広瀬すず、藤野涼子ほかが出席した。

 『ビリギャル』『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』の演技で助演女優賞を受賞した吉田は、「ついこの間まで小劇場のいち舞台役者であった、私がこの場所に立たせていただけるということは、いまだに夢のようです」と感激の面持ち。

 「私の恩人である俳優の中井貴一さんは『どんな小さな役でも、一生懸命にやっていれば誰かが見てくれている』『それを君が証明しているんだ』と言ってくれたことがありました。それを今あらためてかみしめながら、同時にこの受賞が今も小劇場で頑張っている役者の一つの希望になればと願ってやみません」とあいさつした。

 会場には『HERO』で共演した八嶋智人が駆け付け「吉田さんは、相手の芝居を引き出してくれる方で、一緒に芝居をしていてとても楽しい。それがすごい。僕は当然の受賞だと思っております」と祝福。この言葉に吉田が涙を拭う場面も見られた。

 また『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』の演出に対して監督賞を受賞した堤幸彦監督は「こんな賞をいただくのは初めて。現在60歳、まだまだやるよと思っております」と感謝のコメント。

 花束贈呈ゲストには『イニシエーション・ラブ』に出演した前田敦子が登場。「監督の初受賞となる作品に参加させていただいて本当にうれしく思います。監督は、撮影の時に100%楽しませてくれる方。毎日の撮影が本当に楽しくて仕方なかった。監督が、笑顔で現場で引っ張ってくれたこと、本当に感謝しています」とお祝いの言葉を述べた。

 第40回報知映画賞の受賞者、作品は以下の通り。

作品賞・邦画部門
 『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(成島出監督)
作品賞・海外部門
 『おみおくりの作法』(ウベルト・パゾリーニ監督)
主演男優賞
 佐藤浩市/『起終点駅 ターミナル』『愛を積むひと』
主演女優賞
 樹木希林/『あん』
助演男優賞
 本木雅弘/『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞
 吉田羊/『ビリギャル』『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』
監督賞
 堤幸彦/『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』
新人賞
 広瀬すず/『海街diary』
新人賞
 藤野涼子/『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
特別賞
 本広克行監督 ももいろクローバーZ/『幕が上がる』

監督賞を受賞した堤幸彦監督

監督賞を受賞した堤幸彦監督

 


芸能ニュースNEWS

田中みな実「バストにコンプレックスがあった」 「PEACH JOHN」のブランドミューズに

イベント2021年1月20日

 女性向け下着ブランド「PEACH JOHN 2021年新ブランドミューズ発表会」が20日、東京都内で行われ、田中みな実が出席した。  新ブランドミューズに選出された田中は「率直にうれしかったです。私に務まるのだろうかという不安もありつつ、 … 続きを読む

「ボス恋」玉森裕太の“子犬顔”に「かわい過ぎ」 「俺のこと好き?」がトレンド入り

ドラマ2021年1月20日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第2話が、19日に放送された。  本作は、ファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公の鈴木奈未(上白石)が、鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事 … 続きを読む

田中圭が土屋太鳳の物まねを披露 土屋「うまいです」

映画2021年1月20日

 映画『哀愁しんでれら』完成報告会が19日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCO、石橋凌と渡部亮平監督が登壇した。  本作は、「ただ幸せになりたい」と願う真面目な女性(土屋)が、社会を揺るがすような凶悪事件を起こすまでを描い … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介「4時間で行くから」に 「最高過ぎてほれる」

ドラマ2021年1月19日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第10話が、18日に放送された。  朝顔(上野)の働く法医学教室に、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入った。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼み、光 … 続きを読む

松坂桃李、結婚発表後初の公の場に登場 独身時と比べて「健康をより一層大事に」

映画2021年1月19日

 映画『あの頃。』完成報告会見が18日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウと今泉力哉監督が登壇した。  本作は、ハロプロオタクの笑いと涙の日々を描いた青春群像劇。松坂はある日、松浦亜弥 … 続きを読む

page top