オダギリジョー、主演作を自画自賛 「今までの自分より美しく見えた」

2015年11月14日 / 16:59

藤田のマネキン人形と対面したオダギリジョー

 映画『FOUJITA』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者のオダギリジョー、中谷美紀と小栗康平監督が出席した。

 本作は、1920年代の仏パリで活躍し、40年代に帰国した後は“戦争協力画”を描いて日本美術界の重鎮に上り詰めた画家、藤田嗣治(オダギリ)の半生を描く。

 オダギリは「1年前にパリで1カ月、日本で3カ月近く撮影していたところからもう1年たったのかと思うとあっという間に感じます」と待ちに待った公開初日を喜んだ。

 完成した作品を見て「今までの自分の演じている姿よりも美しく見えました。自分で言うのは変ですが、小栗監督のご指導の下、あそこまで自分の良さを引き出してもらってうれしく思います」と照れながらも自信を持って語った。

 さらに「これまでは“『東京タワー』のオダギリジョー”と言われることが多かったのですが、これからはぜひ“『FOUJITA』のオダギリジョー”という肩書、代表作にしてほしい」とアピールするオダギリに、小栗監督は「いいんですよ、良さは出たんです」と笑顔でうなずいた。

 藤田の5番目の妻・君代を演じた中谷も「オダギリさん、すてきでしたね。自画自賛なさるのもごもっともです。つい見とれてしまいました」と同意し、「5番目の妻ですが、それまでの奥さんに嫉妬心を覚えながら演じておりました」と振り返った。

 また、劇中でも使われた藤田のマネキン人形が登場すると、オダギリは「撮影中は見れず、初めて見たのですが、もう二度とこういう格好はしないでしょうから、マネキンで残るのはうれしい」とまじまじと見つめ、中谷からの「持って帰るんですか?」との問いには「これが家にあったらまずくないですか? 門番にはならないし家もばれる」と苦笑いを浮かべた。

(左から)中谷美紀、オダギリジョー、藤田のマネキン人形、小栗康平監督

(左から)中谷美紀、オダギリジョー、藤田のマネキン人形、小栗康平監督


芸能ニュースNEWS

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

シム・ウンギョン“初の日本映画”への思いを語る 「この作品がなかったら、今の自分はいない」

映画2021年4月9日

 映画『椿の庭』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の富司純子、シム・ウンギョン、鈴木京香と上田義彦監督が登壇した。  本作は、四季折々の自然とともに親子3世代の心の絆を描いた物語。夫が亡くなった後も長年住み続ける家を守る絹子を … 続きを読む

佐藤健「るろうに剣心」をIMAXで堪能 「今日が一番グッときたし、感動した」

映画2021年4月9日

 映画『るろうに剣心 最終章 The Final』IMAX公開記念イベントが8日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、武井咲、新田真剣佑と大友啓史監督が登壇した。  この日は、佐藤らが、シリーズ最終章となる本作をIMAXで初鑑賞した。  大画 … 続きを読む

amazon

page top