松本潤ならぬ“松本准教授”が白衣姿で摩擦学の講義 「ここ、テストに出ますよ」

2015年9月28日 / 04:41

大王製紙「エリエール」

 嵐の松本潤が出演する大王製紙「エリエール」の新CM「ひとり暮らし」篇が10月1日から、「松本准教授」篇が同月21日からそれぞれ全国でオンエアされる。

 松本は「このたび、エリエールは新しく生まれ変わりました。CMの中で僕も驚いていますが、これはホントです。皆さんも新しくなった滑らかさ、ぜひ実感してみてください」とアピールしている。

 同トイレットティシューの“優しさ”をテーマにした「ひとり暮らし」篇は、引っ越しをしたばかりの松本のマンションにさまざまな人たちが訪れ、みんなから引っ越し祝いにトイレットティシューをもらうというストーリー。

 引っ越しの片付けをしている松本宅に「どう片付いた?」とエリエールを片手にやって来たのは友人夫妻。その後も、「先輩、引っ越し祝い」とエリエールを携えた後輩が来たかと思えば、隣人や回覧板を持った大家までもがこれに続く。

 その“優しさ”に触れ感動する松本だが、母親から送られてきた段ボールを開けると、ここにもエリエールが…。ほほ笑みながらも「母さん使いきれないよ…」とポツリと本音をこぼす姿が印象的だ。

 また“滑らかさ”をテーマにした「松本准教授」篇は、松本潤ならぬ、“松本准教授”が主人公。摩擦の講義中に、ふと手に取ったティシューの滑らかさに驚き、さらにパッケージも変わったことに驚いた松本准教授は、悩んだ末に「休講にします!」と宣言して突然教室を出ていってしまう…というコミカルな内容だ。

 撮影現場に白衣姿で登場した松本は、総勢37人の学生たちを前に教壇に立ちスタンバイ。そんな中、監督の「スタート!」の掛け声で撮影は始まった。

 「動摩擦力が速度によらず一定であることから…」となにやら難しい数式を黒板に書きながら「ここ(テストに)出ますよ!」と学生たちに向かって一言言うシーン。

 途中までは順調に准教授に成り切っていた松本だが、たくさんの学生たちとバチッと目が合った途端に笑いのツボにはまってしまったのか、思わず吹き出してNGに。つられて会場の学生も思わず笑みをこぼす、和やかな撮影現場となった。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top