桐谷美玲、大ファンのヒロインを演じ「念願がかなった」 山崎賢人&坂口健太郎にファンが大熱狂

2015年8月31日 / 19:54

(左から)山崎賢人、桐谷美玲、坂口健太郎

 映画『ヒロイン失格』のジャパンプレミア試写会が31日、東京都内で行われ、出演者の桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、福田彩乃、我妻三輪子、高橋メアリージュン、濱田マリ、竹内力、英勉監督が出席した。

 幸田もも子氏の人気同名コミックを映画化した本作は、イケメンとの三角関係に揺れるヒロイン失格なはとり(桐谷)の恋を描く。

 会場前に止まったリムジンから山崎と坂口が桐谷をエスコートして降りる様子がスクリーンに映されると、集まった1680人のファンは大興奮の歓声で迎えた。

 もともと原作の大ファンだったという桐谷は「作品をやると決まる前から勝手にはとりは私がやるんだと思って、4年ぐらい前から準備はできていました。念願がかなってうれしいです。自分で好きだと言っている分、プレッシャーもありましたが、撮影は楽しくてしょうがなかったです。(劇中に)出てくる変顔などもいっぱい練習してノリノリでやりました」と自信満々に語った。

 はとりのクールな幼なじみ・利太役の山崎は大熱狂の会場に「こんなに熱がある場所に来るとこっちも熱をもらってテンションが上がりますね」と驚いた様子。学校一のモテ男・弘光を演じた坂口は「僕もこの作品を見ていろいろな胸キュンがありました。弘光の感じをちょっと勉強して、自然に出せればと思いました」と語った。

 また、本作のテーマでもある「私が好きな人か、私を好きな人か。」のどちらを選ぶかとの問いに、桐谷は“私が好きな人”を選びながらも「結婚するなら絶対にあっち(私を好きな人)。だって結婚するなら愛されたいもん」と乙女心をのぞかせた。山崎も“私が好きな人”を挙げ「自分が好きな方が本気じゃないですか」、坂口も同じく「僕も自分が好きになりたいです。追い掛けたい」と恋愛観を明かした。

 映画は9月19日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top