桐谷美玲、A.B.C-Z戸塚祥太の 淡い恋バナに 「最悪ですね(笑)」

2015年3月26日 / 14:27

(左から)桐谷美玲、田辺誠一、大塚寧々

 映画「恋する(ハート)ヴァンパイア」の完成披露試写会が25日、東京都内で行われ、出演者の桐谷美玲、A.B.C-Zの戸塚祥太、田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめ、柄本明、鈴木舞監督が出席した。

 桐谷演じるバンパイアの少女・キイラが、切ない初恋と自身の夢に奮闘する姿を描いた本作。

 「バンパイアを意識するというよりは、素直で一生懸命に恋しているかわいらしい女の子と思って演じた」という桐谷。キイラが初恋の相手へいちずな思いを真っすぐに伝えようとすることにちなみ、好きな人がいたらどう思いを伝えるかと問われると「がんばります(笑)。がんばりますけど、最後の『好きだよ』とかの言葉は(相手から)言ってほしい」とはにかみながら自身の恋愛観を語った。

 本作が映画初出演の戸塚はキイラの初恋の相手・哲を演じた。「念願がかなった」という戸塚は「ジャニーズは男社会なので、現場で桐谷さんたちといると緊張して…」とこの日も緊張の面持ち。だが、撮影では戸塚のアイデアで得意のバック転を取り入れたそうで、この日も観客のリクエストに応えてステージ上でバック転を披露。観客、キャストから喝采を浴びていた。
 
 また、実生活と同じく夫婦役で出演した田辺と大塚。大塚は「お仕事でありプロなので、多少照れくさいのは隠しつつ。話しやすくてやりやすかったです」と撮影を振り返ったが、この日も隣同士で目を合わせるなど、仲むつまじい姿を見せた。桐谷も「お二人が『ここはこうしよう』とかずっと話していて。憧れ過ぎてどうしよう?って感じでした」と羨望(せんぼう)のまなざしを向けた。
 
 途中、ストーリーにちなみ「好き過ぎてついやってしまったこと」をキャスト陣が発表することになったが、戸塚のフリップには「ザリガニ」の文字が。気を引こうと好きな子の机にザリガニを置いたそうで、これには桐谷も「最悪ですね(笑)」とバッサリ。戸塚は「男子、これは絶対やっちゃダメ!」と恋する男子に呼び掛けていた。

 映画は4月17日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top