「いつまでも居座ってやる」ビートたけし 加齢による衰え明かしながらも一線での活躍を目指す

2015年7月29日 / 18:00

新CM発表会に登場した企業キャラクター「アンファーマン」(左)とビートたけし

 予防医学のアンファー新企業CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用されたタレントのビートたけしが登壇した。

 この日、加齢をテーマにトークを展開したたけしは「芸能の世界ではもう相当邪魔者、ベテラン。『あいつらがいるからレギュラーがないんだ』と言われる立場になっちゃった」と嘆き、「だから、ずっといつまでも居座ってやろうかと思って」と冗談めかしてニヤリ。

 それでも「そのためには相変わらず先頭に立って、頭も体も一等賞を狙っていないと我々の世界は一瞬で仕事がなくなる。適度に仕事…というのはないからね」とその厳しさに触れ、「今のところは仕事があるのでそれをできるだけ維持したい」と自身の心構えを語った。

 また「いつまで現役でいたい?」という質問には「変な話、我々の仕事はお客が決めること。自分がやりたいと言ってもいらないと言われたらやめなきゃいけない。でも、自分は昔の落語家さんみたいに死ぬまで現役だと思っている」と希望を語った。

 俳優としても活躍するたけしは「昔は一週間で体重を5キロぐらい落とせたのに、今はそういうわけにもいかない。オファーがあってからでは遅い」と加齢による衰えを実感している様子。さらに、体のキレのなさや不眠の悩みも明かしたたけしは「記憶力には自信があったのに、最近は『あれ、あれ、あいつ?』みたいになってきてやばい。一番ひどい時はマネジャーの名前がポンと抜けることもあって…」と嘆いた。

 そのためにも「早目、早目の対応をしていきたい」と予防医学の重要性を説いたたけしは、最後は自分の父親を引き合いに「女房に迷惑を掛けてきた男は、とにかく注意したほうがいい。弱っちまったら晩年は女房の仕返しでひどい目にあうよ」と呼び掛け、笑いを誘っていた。

 新CM「エイジングサイン」篇、「人生を楽しむ医学」篇は8月1日から全国でオンエア。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top