「監督が1人で書いた絵コンテが形に・・・」宮崎あおい 映画『バケモノの子』大ヒット記念あいさつ

2015年7月29日 / 13:50

(左から)細田守監督、宮崎あおい、染谷将太

 映画『バケモノの子』の大ヒット記念・渋谷凱旋(がいせん)舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、声優を務めた宮崎あおい、染谷将太、細田守監督が出席した。

 この映画は、バケモノと少年・九太の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちのすむ異世界での修業と冒険や、リアルな渋谷の街を舞台にしたアクションなどを描く冒険活劇。宮崎は九太の少年期、染谷は青年期の声を演じた。

 細田監督と『おおかみこどもの雨と雪』に続いてタッグを組んだ宮崎は、今回アニメーションを制作した「スタジオ地図」を見学して、「アニメが作られる過程を初めて見ました。監督が1人で描いた500枚もの絵コンテがそこで形にされていって…」と感激した様子。

 そんな宮崎から「たくさんある工程の中で何が一番大変ですか?」と質問された監督は「企画ですね。どんな内容なら面白いか、お客さんと気持ちを共有できるのか、手掛かりが何もない中(題材を)一個に決めるのが本当に大変」と苦労を吐露。一方で「やはり映画は1人ではできない。才能あるスタッフ、素晴らしいキャストに恵まれて、1人で考えていたことがちっぽけに思えるぐらい作品が広がっていく、その姿を見るとワクワクします」と映画作りの醍醐味(だいごみ)を語った。

 また染谷から「アフレコの演出で一番大切にしていることは?」と尋ねられた田監督は「染谷君はすごく勘のいい人で、この場面で九太ってどんな声を出すのかな、というところでの幅とチョイスが面白い。あおいさんもすごい表現者で僕につくる楽しみをもたらしてくれた」とあらためて2人を絶賛。「答えになってないな…」と笑う監督に、染谷も「すてきなうれしい話です」とはにかんだ表情を見せた。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top