竹野内「時に早口言葉を競い合ったり」 ドラマ「オリンピックの身代金」制作発表

2013年10月31日 / 15:13

 (左から)松山ケンイチ、竹野内豊、黒木メイサ

 テレビ朝日開局55周年記念二夜連続ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」の制作発表記者会見が31日、東京都内の同局で行われ、出演者の竹野内豊、松山ケンイチ、黒木メイサ、泉谷しげる、柄本明、大杉漣、黒川智花、斎藤工、笹野高史、沢村一樹、速水もこみち、原沙知絵が出席した。

 直木賞作家・奥田英朗の小説が原作で、敗戦からの経済的復興を国際社会に示そうという1964年の東京オリンピックが舞台。国家の一大イベントを成功に導こうとする警視庁の刑事たちの活躍を描く。

 昭和30年代の街や人々の暮らしぶりを再現するため、2カ月半にわたって北九州などの国内数十カ所と、韓国でロケを敢行。松山は「一番印象に残ったのは、キャストの豪華さ。どのシーンにも主役級の役者さんがいて、自分がこの中に入れたことをうれしく思います」と興奮気味に語った。

 撮影中のエピソードとして竹野内は「緊迫したシーンもあったけど、現場は和んでいて楽しかった。時に早口言葉を競い合ったり、刑事課の面々がすごく子どもっぽくて大丈夫かなと思いました」と苦笑いで振り返った。早口言葉が最もうまかったという沢村は「刑事課のシーンは本当に男しかいなかったので、現場に“R指定”がない状態。その場に僕と大杉さんがいたのが悲劇の始まりです」と笑わせた。

 竹野内、松山、黒木の3人は本作で初共演。竹野内は「松山さんは目がすごくいい。目ですべてを語ることができる役者さんだと思う」と印象を語り、黒木についても「台本を読んだらすごく難しい役だったので、現場で悩むだろうなと思ったけど、それをみじんも感じさせない。若いのにすごいなと思いました」と絶賛した。

 松山は、竹野内をずっとテレビで見てきた好きな俳優だと明かし、「地元の青森にいるときから思っていたのが、竹野内さんは人間なんだけど人間じゃない、もっと違う生き物みたいなところを持っている人」と独特の表現で形容。「何かを持っていて、それが演技にも出ていて感動しました。こういう空気が出せるのは竹野内さんしかいない。またやりたいです」と熱弁していた。

 ドラマはテレビ朝日系で11月30日、12月1日、夜9時から2夜連続放送。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top