竹野内「時に早口言葉を競い合ったり」 ドラマ「オリンピックの身代金」制作発表

2013年10月31日 / 15:13

 (左から)松山ケンイチ、竹野内豊、黒木メイサ

 テレビ朝日開局55周年記念二夜連続ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」の制作発表記者会見が31日、東京都内の同局で行われ、出演者の竹野内豊、松山ケンイチ、黒木メイサ、泉谷しげる、柄本明、大杉漣、黒川智花、斎藤工、笹野高史、沢村一樹、速水もこみち、原沙知絵が出席した。

 直木賞作家・奥田英朗の小説が原作で、敗戦からの経済的復興を国際社会に示そうという1964年の東京オリンピックが舞台。国家の一大イベントを成功に導こうとする警視庁の刑事たちの活躍を描く。

 昭和30年代の街や人々の暮らしぶりを再現するため、2カ月半にわたって北九州などの国内数十カ所と、韓国でロケを敢行。松山は「一番印象に残ったのは、キャストの豪華さ。どのシーンにも主役級の役者さんがいて、自分がこの中に入れたことをうれしく思います」と興奮気味に語った。

 撮影中のエピソードとして竹野内は「緊迫したシーンもあったけど、現場は和んでいて楽しかった。時に早口言葉を競い合ったり、刑事課の面々がすごく子どもっぽくて大丈夫かなと思いました」と苦笑いで振り返った。早口言葉が最もうまかったという沢村は「刑事課のシーンは本当に男しかいなかったので、現場に“R指定”がない状態。その場に僕と大杉さんがいたのが悲劇の始まりです」と笑わせた。

 竹野内、松山、黒木の3人は本作で初共演。竹野内は「松山さんは目がすごくいい。目ですべてを語ることができる役者さんだと思う」と印象を語り、黒木についても「台本を読んだらすごく難しい役だったので、現場で悩むだろうなと思ったけど、それをみじんも感じさせない。若いのにすごいなと思いました」と絶賛した。

 松山は、竹野内をずっとテレビで見てきた好きな俳優だと明かし、「地元の青森にいるときから思っていたのが、竹野内さんは人間なんだけど人間じゃない、もっと違う生き物みたいなところを持っている人」と独特の表現で形容。「何かを持っていて、それが演技にも出ていて感動しました。こういう空気が出せるのは竹野内さんしかいない。またやりたいです」と熱弁していた。

 ドラマはテレビ朝日系で11月30日、12月1日、夜9時から2夜連続放送。


芸能ニュースNEWS

川島海荷、接触事故を謝罪 「これから改めて気を付けていきたい」

トレンド2019年12月5日

 「Enjoy EU Village!」オープニングイベントが5日、東京都内で行われ、女優の川島海荷、料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ氏が出席した。 続きを読む

安藤なつ「旦那さんの顔は自分に似ている」 「プロポーズは露天風呂に一緒に入りながら」

イベント2019年12月5日

 「“おみみあい”~あなたの耳と陶片ピアスをマッチング~オープニングイベント」が5日、東京都内で行われ、メイプル超合金の安藤なつとカズレーザー、モデルのNikiが登場した。  “おみみあい”は佐賀の陶器のかけらで制作したピアスの中から、自分 … 続きを読む

黒木華「未來さんが色っぽい」 森山未來「プロポーズシーンは難しかった」

ドラマ2019年12月4日

 土曜ドラマ「みをつくし料理帖スペシャル」の試写会が4日、東京都内で行われ、出演者の黒木華と森山未來が出席した。  本作は、2017年に放送された「みをつくし料理帖」の続編。艱難(かんなん)辛苦に遭いながら、女性料理人として、細腕一本で夢を … 続きを読む

加山雄三、脳梗塞からの復帰を笑顔で報告 声優初挑戦に「幸せだなあ」

映画2019年12月4日

 映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』声優発表会見が4日、東京都内で行われ、加山雄三とファーストサマーウイカが出席した。  前作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』から2年後が舞台の本作は、4人の大学生が呪われたゲーム“ジュマンジ” … 続きを読む

横浜流星、ゆきぽよらが「Yahoo!検索大賞」を受賞 今田耕司「徳井くんが心労で痩せていて…」

トレンド2019年12月4日

 「Yahoo!検索大賞2019」発表会が4日、東京都内で行われ、受賞者の横浜流星、ゆきぽよ、りんごちゃん、日向坂46メンバーの佐々木久美、小坂菜緒、金村美玖、佐々木美玲、加藤史帆、MCを担当した今田耕司が登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top