竹野内「時に早口言葉を競い合ったり」 ドラマ「オリンピックの身代金」制作発表

2013年10月31日 / 15:13

 (左から)松山ケンイチ、竹野内豊、黒木メイサ

 テレビ朝日開局55周年記念二夜連続ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」の制作発表記者会見が31日、東京都内の同局で行われ、出演者の竹野内豊、松山ケンイチ、黒木メイサ、泉谷しげる、柄本明、大杉漣、黒川智花、斎藤工、笹野高史、沢村一樹、速水もこみち、原沙知絵が出席した。

 直木賞作家・奥田英朗の小説が原作で、敗戦からの経済的復興を国際社会に示そうという1964年の東京オリンピックが舞台。国家の一大イベントを成功に導こうとする警視庁の刑事たちの活躍を描く。

 昭和30年代の街や人々の暮らしぶりを再現するため、2カ月半にわたって北九州などの国内数十カ所と、韓国でロケを敢行。松山は「一番印象に残ったのは、キャストの豪華さ。どのシーンにも主役級の役者さんがいて、自分がこの中に入れたことをうれしく思います」と興奮気味に語った。

 撮影中のエピソードとして竹野内は「緊迫したシーンもあったけど、現場は和んでいて楽しかった。時に早口言葉を競い合ったり、刑事課の面々がすごく子どもっぽくて大丈夫かなと思いました」と苦笑いで振り返った。早口言葉が最もうまかったという沢村は「刑事課のシーンは本当に男しかいなかったので、現場に“R指定”がない状態。その場に僕と大杉さんがいたのが悲劇の始まりです」と笑わせた。

 竹野内、松山、黒木の3人は本作で初共演。竹野内は「松山さんは目がすごくいい。目ですべてを語ることができる役者さんだと思う」と印象を語り、黒木についても「台本を読んだらすごく難しい役だったので、現場で悩むだろうなと思ったけど、それをみじんも感じさせない。若いのにすごいなと思いました」と絶賛した。

 松山は、竹野内をずっとテレビで見てきた好きな俳優だと明かし、「地元の青森にいるときから思っていたのが、竹野内さんは人間なんだけど人間じゃない、もっと違う生き物みたいなところを持っている人」と独特の表現で形容。「何かを持っていて、それが演技にも出ていて感動しました。こういう空気が出せるのは竹野内さんしかいない。またやりたいです」と熱弁していた。

 ドラマはテレビ朝日系で11月30日、12月1日、夜9時から2夜連続放送。


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top