前田敦子、ひきこもりから自分の居場所を見つけていく主人公熱演 BSドラマ、“生きづらさ”抱える若者へエール

2018年8月24日 / 11:38

試写会に登場した前田敦子(右)と富田靖子(左)

 NHK BSプレミアムで放映されるドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子と富田靖子が登場した。

 ドラマは、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』を生み出したアニメ脚本家・岡田麿里氏の自伝を原作に、アニメ作品の映像と実写ドラマをコラージュしたドラマ。主人公の坂田安喜子(前田)がひきこもりだった学生時代から、上京してアニメのシナリオライターになるまでの道のりを描き、“生きづらさ”を抱える若者たちにエールを送る。

 冒頭、制作統括の落合将氏が、「前田さんの代表作のひとつになりうる作品です。あっちゃんが演じた安喜子はそのまんま岡田さんです」とコメント。演出スタッフの藤並英樹氏は「新学期になると学校に行きづらいという若者が多いという話を聞き、そういう若者に何かメッセージを届けたいという思いで始めました」と作品への思いを述べた。

 前田は「大活躍されている方を演じさせていただくことは、とても難しいことだと思いました」とコメント。演じる上で意識した点については、「爪をかむというシーンはもともと脚本にありませんでしたが 岡田さんは真面目に考えるときのクセで指をかんでしまい、ボロボロになったことがあると聞いたので、そういうシーンを作りました」と撮影を振り返った。安喜子の母親・紀子役を演じた富田は、「作品のDVDを見終わった後、すごく幸せで優しい気持ちになり、『どんな生き方でもいいんだ!』と、地に足がついたような気持ちになりました」と話した。

 母と娘の感情が衝突する“激しいアクションシーン”について、前田は、「アクションの先生がついてくれましたが、ぶっつけ本番でやらせてもらいました!」。富田は、「前田敦子という女優が叫んだりする姿が大好きで、あえて自分を鼓舞しました。母親としては言ってはいけない言葉をストレートに投げることで、本気で返してくれるという気づきもあり、自分の子育てのヒントにもなりました」とにこやかに振り返った。

 ドラマは9月1日午後10時からNHK BSプレミアムで放送。

前田敦子の左指に光る結婚指輪


芸能ニュースNEWS

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

稲村亜美“自転車の魅力”をアピール 「自転車で海や川に行っています」

トレンド2019年5月20日

 「令和元年度 自転車活用推進功績者表彰式」が20日、東京都内で行われ、自転車アンバサダーを務めるタレントの稲村亜美が登場した。 続きを読む

page top