【2.5次元】MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~インタビュー 陳内将「最高の夏の思い出を約束します」

2019年7月5日 / 12:00

 2017年に配信された大人気アプリゲーム『A3!(エースリー)』を舞台化したMANKAI STAGE『A3!』(以下、エーステ)。2018年の「SPRING & SUMMER 2018」公演に始まり、「AUTUMN & WINTER 2019」、「SPRING 2019」とシリーズを重ね、8月8日からは夏組の単独公演となる「SUMMER 2019」が開幕する。今回は新生夏組の第二回公演『にぼしを巡る冒険』と第三回公演『抜錨!スカイ海賊団』の2ストーリーを展開。夏組のリーダー・皇天馬役を務める陳内将に、「SPRING & SUMMER 2018」の思い出、そして「SUMMER 2019」への思いを聞いた。

皇天馬役の陳内将

-「SPRING & SUMMER 2018」に続いての出演になりますが、改めて「SPRING & SUMMER 2018」は陳内さんにとってどんな公演でしたか。

 すごくプレッシャーを感じて、初日を迎えることが怖かったことを覚えています。いろいろなものを、勝手に背負ってしまっていて…いざ、初日の幕が開いても、地に足が着いていなくて、自分でも落ち着いて芝居ができていないなと分かるほどでした。でも、初日の公演を終えてお客さまの拍手を聞いて、(横田龍儀が演じる、春組リーダーの)咲也の顔を見たときに、ドッと力が抜けて涙が出ちゃいました。

-陳内さんはこれまでにも数多くの舞台を経験されていますが、エーステはまた格別なものがありましたか。

 2.5次元と呼ばれる作品に出演するのが久しぶりということもありましたし、皇天馬としてお客さまに受け入れて頂けるのかとか、僕でいいのかってことを考えていて…気負っていたんだと思います。

-「SUMMER 2019」公演が決定したときはどんなお気持ちでしたか。

 そもそも「SPRING & SUMMER 2018」は、東京で初日を迎え、その後、京都公演を終えた後、東京凱旋公演まで3カ月ぐらい期間が空いていたので、僕の中では2回公演をしたような気分だったんです。なので、東京凱旋公演のときには余裕も出てきて、舞台に立つことが怖いという気持ちはなくなり、ただ楽しみでした。なので、「SUMMER 2019」も、今は純粋に楽しみです。もちろん、「SPRING & SUMMER 2018」での課題や技術的にもっと頑張りたいこともありますし、少しでも成長したものを座組としても個人としてもお見せしたいと思っていますが、楽しみな気持ちが大きいですね。

-具体的にどんなことが楽しみですか。

 全部です。自分の技量の成長も、みんなと新しい思い出が作れることも、公演でいろいろな地域を回れることも、56公演もやれることも、全部が楽しみです。

-エーステはお客さんの熱量や期待値も高い作品です。そういった期待を受けて、どんなお気持ちですか。

 お客さまの熱量は感じますし、それは単純にすごいな、と。そういった作品で、四つの組のうちの一つのリーダーの役を任せてもらえるということは、すごく大きなことだということは実感していますし、責任ある役を演じることで「SUMMER 2019」の稽古の中でも悩むことも多いだろうと思います。この作品は原作にあるMANKAIカンパニーのたわいない会話まで構成にしっかりと入っているので、それらを生の演劇として届けることができるよう稽古を積んでいきたいです。例えば、万が一、舞台上でアドリブを言わなければならない状況になったとしても、ポロッと出た言葉まで天馬だったら、それが原作ファンの方への恩返しになるのかなと思います。

-陳内さんから見て、夏組はどんな座組みですか。

 夏組が大好きで、お芝居としても人としてもちゃんと向き合えるキャストたちです。「SPRING & SUMMER 2018」では最後まで、少しでも昨日より成長したいと全員が思っていましたし、何よりみんな純粋にお芝居が好きで、向上心があります。ビジュアル撮影の時に、久々にキャストがそろったら、とにかくうるさいとスタッフさんには言われました(笑)。僕たちは通常モードだったんですが(笑)。でも、そんなところも夏組らしいと思います。原作ゲームの中でもドタバタのコメディー劇がありますが、自然と原作の夏組と共通する空気を持っているように思います。

-原作がイケメン役者育成ゲームということにちなんで、役者を目指したきっかけを教えてください。

 僕、高校の頃はガリ勉で、自分で言うのもなんですがすごく成績が優秀だったんですよ(笑)。だけど、夢がなくて…なので、とりあえず進学したんです。でも、高校時代は1日2時間しか寝ないで勉強して自分を縛りつけていた僕からしたら、大学はフリーな時間が多くて楽園過ぎて、ここにいたらなまけてしまうと思い、早々に大学を辞める決意をしました。そんなときに、今の事務所の養成所の案内を見てオーディションを受けたのがきっかけになりました。

 
  • 1
  • 2

アクセスランキング RANKING

page top