岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

2022年8月8日 / 08:00

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。8月8日から上演される、三谷幸喜・作のパルコプロデュース2022「VAMP SHOW ヴァンプショウ」には、5人の吸血鬼の一人、島寿男役で出演する。岡山に本作への意気込みや俳優業への思いを聞いた。(コロナウイルスの影響により開幕が延期。詳細は公式サイトで要確認)

岡山天音(スタイリスト:鹿野巧真/ヘアメーク:SUGANAKATA(GLEAM) (C)エンタメOVO

-コメディーに出演するのは初めてだそうですが、ほかの作品に出演するときと気持ちの面での違いはありますか。

 作品に臨む気持ちには違いはないです。ただ、台本で決められた枠からはみ出していくことをあらかじめ考えて作られている台本だと思うので、即興的なお芝居が増えるんじゃないかなという予感はあります。5人の吸血鬼役のキャストたちが突発的な何かを起こすことで、新しい世界が広がっていくと思うので、そこは楽しみです。きっとスリリングな時間になるんじゃないかなと思います。

-三谷さんがこの台本を書いてから30年たっていますが、初演・再演を再現するように作るのか、それとも初演とはまた違うものになるのかというところも楽しみです。

 部分的には初演から変わっているところもありますが、ベースは当時のものを踏襲しています。ただ、初演も再演も、ずっと舞台で活躍されていた方たちが集まって作られた作品で、ビジュアルの凸凹感があり、見た目からもはっきりとキャラクターが見えていました。今回は、映像を中心に活動しているキャストが多く、フォルムも今時の若者っぽい俳優が集まっているので、同じものにはならないと思います。やはり現代版という風合いのものになると思っています。

-今回、岡山さんが演じるのは吸血鬼という役柄です。

 (劇中の)時代は、現代ではありませんが、それでも日本で実生活を送っている若者という生々しさがある5人組です。なので、吸血鬼とはいっても、ファンタジーの世界観で描かれた吸血鬼ではなく、「もしも日本のどこか片隅に5人の若い吸血鬼がいたら」という想像のもとに描かれたようなキャラクターです。そのファンタジーと現実のギャップは、とてもシュールで面白い。(演出の)河原(雅彦)さんから、この作品はコメディーだけど、太陽の光を浴びることができないとか、血しか飲めない吸血鬼であるということを深く掘り下げて、(頭の中に)持っておいてほしいとお話しされました。若者たちがファミレスで雑談をしている感覚で「人の血を吸う」という話をしているというのが面白いし、この作品ならではの魅力だと思います。

-映像作品で活躍している岡山さんですが、舞台に出演する際に心掛けていることはありますか。

 発声や体でどう表現するかということはもちろんありますが、舞台と映像の違いというよりは、作品ごとの違いの方が大きいように、今、この作品に携わっていて感じています。ドラマでも作品によって体感は全然違いますし、舞台でもシリアスな作品とコメディーとでは、違う乗り物を操縦しているかのように違います。例えるなら、これまでの作品は乗用車だったのに、今は、ガンダムに乗り代わっているような感覚です(笑)。公演が始まる頃には、スポーツカーぐらいに戻さないといけないかもしれませんが、今はまだ稽古が始まったばかりなので、試しにガンダムに乗っています(笑)。なので、今、すごく新鮮です。僕はこれまで舞台でアドリブもしたことがなかったので、これぐらいでいいのかなと試しながら、表現している感覚があります。

-では、舞台ならではの魅力はどこに感じていますか。

 スリルかもしれないですね。映像でも舞台でも、どちらも緊張はするのですが、舞台に立つときの方がよりスリリングな感触があります。

-今回は、アドリブが多いということなので、よりスリルがあるのでは?

 そうですね。どうなるんですかね、アドリブ(笑)。もちろん、確たるルールや美意識があった上でのことですが、それでもある種、自由度が高い作品だと思うので、自分でも、まだどんな形になるのか分かりません。ですが、劇中の吸血鬼5人組のように、キャストたちもお互いに信頼し合って、手を取り合って濃い絆が作れたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

ドラマ2024年2月14日

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラ … 続きを読む

Willfriends

page top