【インタビュー】「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」吉田羊「『コールドケース日本版』ではなく、“日本が誇れる唯一の刑事ドラマ”になった」

2020年12月5日 / 12:00

-吉田さんの考える今シーズンの注目エピソードは?

 今回、演じてみてとても印象深かったのが、第6話「壁の女たちへ」です。今シリーズには「愛」や「家族」、「人を信じること」といったテーマがありますが、「女性」もまた大きなテーマになっている。女性ならではの苦しみが生んだ悲しい事件に、同じ女性として敏感に反応した百合さんの、今までにない表情が6話では見られると思います。百合さんが“成長”から、さらに“成熟”していく作品に変わったシーズン3を象徴する回だったな…と。

-本作は、今シーズンから見ても問題なく楽しめると思いますが、初めて見る方にこのドラマの魅力を。

 刑事ドラマではありますが、単なる事件解決にとどまらず、なぜその事件が起こったのかを、関わった人間たちの隠された思いにフォーカスしてひも解いていきます。やがて浮かび上がる人間の弱さや愚かしさ。それらを温かく厳しくすくい取って行く人間ドラマです。また、全編を通して思うのは、この作品には「愛」が大テーマとしてあるということ。「大切な誰か」、「大切な何か」を守るために起きてしまった犯罪の奥にある人の思い。私たちが目指しているのは、そういう「死にゆく人の思いや残された人々の生きざまを描く」こと。ぜひ、その点に注目して、ご覧いただけたらと思います。

-最後に、シーズン3に対する意気込みを。

 シーズン1の時は、原作ありきということもあって、手探りなところがありました。でも、シーズン2、3と続くうち、原作をリスペクトした上で日本らしさを出すことは大前提として、そこからさらにどう奥行きを作るか、ということに注意を向ける余裕が生まれてきました。もはや「コールドケース日本版」という肩書でなくていいんじゃないかな…と。今では、“日本が誇れる唯一の刑事ドラマ”になったと思っています。

(取材・文/井上健一)

(c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/coldcase3/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」第30回「全成の確率」“権力闘争”の血生臭いイメージを払拭する鮮やかな脚本と役者陣の好演【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月10日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最 … 続きを読む

夏の甲子園たけなわの今だからこそ心に響くものがある『野球部に花束を』【映画コラム】

映画2022年8月10日

『野球部に花束を』(8月11日公開)  中学時代の野球部生活に別れを告げ、青春をおう歌するため、長い茶髪にして高校に入学した黒田鉄平(醍醐虎汰朗)。ところが、夢に見たバラ色の高校生活は、うっかり野球部の見学に行ってしまったおかげで、早くもゲ … 続きを読む

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top