【インタビュー】東啓介1st Musical Concert「A NEW ME」で見せる新たな一面「僕の可能性を感じていただけるコンサートにしたい」

2020年11月2日 / 12:00

 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」や「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド」、「ジャージー・ボーイズ」など、注目作への出演が続く俳優の東啓介が、初のソロコンサート「東啓介1st Musical Concert『A NEW ME』」を開催する。25歳となる節目の年に行われるコンサートへの思いや、今後の目標を聞いた。

初コンサートを開催する東啓介

-コンサートタイトルの「A NEW ME」にはどんな思いが込められているのですか。

 現在、さまざまなミュージカルに出演させていただいていますが、これからさらに自分をステップアップさせるため、「誕生」という思いを込めて付けました。

-ミュージカルナンバーで構成されるコンサートになるそうですが、ミュージカルナンバーにこだわった理由は?

 これまでにも自分のイベントなどで歌わせていただく機会はあったのですが、お客さまからミュージカルの楽曲を聞きたいという意見を数多くいただいたことが大きいです。僕自身も、これまで演じてきた役柄の曲だけでなく、これから演じてみたいと思う役の曲、もしかしたら、この先、何十年後かに歌うことができるかもしれないという曲を歌いたいという思いがありました。

-歌唱予定として、3曲が公表されています。それぞれの楽曲についての思い入れを教えてください。まず、「DEAR EVAN HANSEN」の「For Forever」は?

 ミュージカル好きの方にはよく知られた曲だと思います。劇中では親友が亡くなった後に歌う曲なんですが、その切なさと楽曲の良さに引かれました。「DEAR EVAN HANSEN」は、ブロードウェーで観劇したのですが、観劇前にサントラを聴き、この曲がとても印象に残っていたんです。そのときから歌ってみたいと思っていました。

-「ダンス・オブ・ヴァンパイア」の「サラへ」は?

 初めて帝国劇場に立ち、皆さまがよく知っていらっしゃる曲をソロで歌ったので、責任を感じながら歌った思い出があります。切なくて、かわいくて、ひたむきな思いが込められた楽曲で僕自身も大好きな曲です。

-帝国劇場に立つというのは、東さんの中で一つの目標でもあったのですか。

 ミュージカルという世界を選んだときに、まずは、帝国劇場に立つことを目指したいと思っていました。まさかこんなにも早く、それも「ダンス・オブ・ヴァンパイア」という名作で、初めて帝国劇場に立つことができて、本当にうれしかったです。

-「マタ・ハリ」からは「普通の人生」も歌唱予定です。

 「マタ・ハリ」は初めてダブルキャストで出演しました。それも、加藤和樹さんとダブルキャストでということだったので、とても光栄でした。「普通の人生」は、「マタ・ハリ」の中でも印象深く、今でも大好きな曲です。 僕にとって「マタ・ハリ」は、お芝居という意味で、一つのターニングポイントにもなっています。当時は、全然歌えなくて、本当に恥ずかしい思いをしたんです。自分に甘えていたなと感じて、それからはボイトレにも通うようになり、自分の歌い方を身につけました。

-そうして、歌う技術を身につけてきて、改めて今、ミュージカルで歌うことの醍醐味(だいごみ)をどこに感じていますか。

 やっぱり気持ちいいということ(笑)。ストレートプレーでは、言葉や動きで思いを伝えていきますが、ミュージカルは音楽でそれを伝えていきます。音楽の中で自分の爆発した思いを伝えるというのはすごく楽しいですし、気持ちいい。もちろん、大変でもあるのですが。

-コンサートタイトルに「誕生」という思いを込めたということですが、ここを第2の出発点として、どんな「新しい東啓介」になりたいですか。

 「こういった楽曲も、ああいった楽曲も、歌えるんだぞ」というところを見せたいですね。今回は、役に限らず、いろいろな面をお見せしたいと思っています。僕のことを知らない方にも知っていただけたらうれしいです。

-俳優としては今後、どんな目標がありますか。

 僕は、身長が高くて、地声が低いので、実年齢よりも年上の役をやることが多いんです。ダブルキャストでも、相手の方が30代の先輩だということも多いんです。なので、そういった方々と遜色ない演技ができるように技術を磨いていかなければならないと思っています。それから、逆に、等身大の役をやってみたいという願望もあります。

-見た目的なことだけでなく、話をしていても落ち着いた雰囲気を感じるので、余計に年上役が多いのではないですか。

 いや、落ち着いて見えるのは、きっと今までやってきた役があるからだと思いますよ(笑)。求められている役が、大人の役が多いから、自然とそういう空気になってしまっているんじゃないかな(笑)。学生時代から、そうだったわけではないですから。なので、等身大の役もやっていきたいですし、やれるように自分も技術を磨かないといけない。もちろん、30代の方たちとも同じ舞台に立てる技術も身につけていきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

幕府のかじ取りに苦悩しつつ、いちずに妻を愛する若き将軍役「和宮様は家茂にとって大きな存在です」磯村勇斗(徳川家茂)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年6月13日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)が、徳川慶喜(草なぎ剛)の家臣となり、幕末の騒乱もいよいよ本格化してきた。江戸幕府第14代将軍としてその渦中に身を置くのが、徳川家茂だ。権力争いに巻き込まれた … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「REAL⇔FAKE 2nd Stage」染谷俊之&和田雅成&松村龍之介「サスペンス要素もアクションもある」第2期スタート

ドラマ2021年6月11日

 2019年9月にMBS/TBSドラマイズム枠で放送され、新感覚ドラマとして話題を集めたオリジナルドラマ「REAL⇔FAKE」の第2期となる「REAL⇔FAKE 2nd Stage」が6月15日から放送される。第1期に続き、映像ディレクター … 続きを読む

【映画コラム】夫婦や家族についていろいろと考えさせられる『幸せの答え合わせ』と『ブラックバード 家族が家族であるうちに』

映画2021年6月10日

 今回は、夫婦や家族についていろいろと考えさせられる2本の映画を紹介しよう。まずは、6月4日に公開された『幸せの答え合わせ』から。  イギリス南部の港町シーフォードで暮らすグレース(アネット・ベニング)とエドワード(ビル・ナイ)は、結婚29 … 続きを読む

【インタビュー】『「宇宙戦艦ヤマト」という時代  西暦2202年の選択』山寺宏一「歴史の事実を突き付けられた気がした」福井晴敏「『ヤマト』は『ガンダム』や『エヴァ』の手が回らないところにあるべき存在」

映画2021年6月9日

 かつて社会現象を巻き起こした大ヒットSFアニメーションをリメークし、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』(12~13)とその続編『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(17~19)。この二つのシリーズに新作映像を交え、新たな切り口 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「#コールドゲーム」結木滉星「仕事が生きがいだというぐらい楽しい」 氷河期を舞台にしたサバイバルドラマに挑戦

ドラマ2021年6月7日

 天才詐欺師がマイナス45度の極寒の中、サバイバルをする姿を描く、大人の土ドラ「#コールドゲーム」が、6月5日から東海テレビ・フジテレビ系で放送中。本作は、氷河期に突入した地球で、わずかに生き残った人類によるサバイバルストーリー。たどり着い … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top