【インタビュー】『アメリカン・アニマルズ』バート・レイトン監督「自分が彼らと一緒に犯罪を行っているような気分を実感できる映画。心拍数が上がる映画になっていると思います」

2019年5月14日 / 15:48

-劇中、彼らが犯罪の参考にした映画のDVDのタイトルが映りますが、スタンリー・キューブリック監督の『現金に体を張れ』(56)だけが映像として映ります。これは監督の好みを反映させたのでしょうか。

 彼らが犯罪映画を参考にしたのは事実ですが、タイトルはこちらで並べました。『現金に体を張れ』は自分がとても好きな映画で、強盗映画としても傑作だと思ったのであえて映しました。あの映画はきっと彼らも見ていたと思います(笑)。

-『007』の新作の監督に関するオファーもあったと聞きましたが、今後撮ってみたい題材は?

 『007』のオファーはとても光栄でしたが、次回作はそれとは別にフィクションを描こうと思っています。実話に基づいていない作品を初めて撮ります。今は、それを実話のように感じさせるにはどうすればいいのかと試行錯誤をしているところです。作品を選ぶときに一番大切なのはストーリーですが、それは伝える価値があるものなのか、見た後で観客に何か考えさせることはできるのか、ストーリーの奥にもっと大きなテーマが潜んでいるか、そうしたことに目を向けながら作品を選びたいと思っています。

-最後に本作の見どころと、日本の観客に一言お願いします。

 今回、初めて日本に来ましたが、日本の文化も映画も大好きなのでとてもうれしいです。この映画には、これまでの犯罪、強盗映画とは違うものを期待してほしいです。ユニークな構成によって、観客がより感情移入ができるように仕上げているので、そこを楽しんでもらいたいです。そして、自分が彼らと一緒に犯罪を行っているような気分を実感できる映画、心拍数が上がる映画になっていると思います。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

【インタビュー】『雪子さんの足音』寛一郎、“映画人”として生きる覚悟… 父・佐藤浩市とはねたみ合う「ライバルでいたい」

映画2019年5月17日

 名優・三國連太郎を祖父に、佐藤浩市を父に持ち、彼らと同じ映画俳優の道を歩きはじめた寛一郎。計り知れないプレッシャーがのしかかるその胸には、2人の偉大な役者の「3世」ゆえの覚悟が秘められていた…。  映画『心が叫びたがってるんだ。』(17) … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top