【インタビュー】「明治東亰恋伽」伊原六花 映画&ドラマでW主演 自分なりの“芽衣ちゃん”に自信!

2019年4月15日 / 16:28

-初座長の感想は。

 役者として何も知らないので、座長なんて恐れ多いです。今回はこのキャストじゃないと成り立ちませんでした。すごく助けていただいたし、いつも「よくやってるよ」と褒めてくださいました。だからこそ何とかやり切れました。

-「チア☆ダン」以降もドラマ出演が続き、女優として滑り出しは順調ですね。

 いろんなドラマに出させてもらうなど、この1年間で新しいことにたくさんチャレンジさせてもらってワクワクもしたけど、できないことばかりで悔しい思いもしました。でも、いろんな方に支えられてやりきった感があるし、この仕事で頑張っていきたいという決意はできました。

-悔しいこととは?

 芝居を作り込む作業がまだ分からないので、自分なりにその役をかみ砕いて演じても、思ったものと違うと感じることがあります。あとは、演じるキャラクターが何かに秀でているなら、私もそれを極めてから演じたいけど、時間の制約はもちろん、自分の技量不足でやり切れないので、これからはいろんな方面で土台を作り、できることを増やしたいです。

-ちなみに、もともと女優になりたかったのでしょうか。

 全く考えていませんでした。芝居も歌もダンスも好きで、子どもの頃はミュージカルも習っていましたが、高校ではダンス一本だったので、当初は大学でダンスをやろうと思っていました。その中で今の事務所に声を掛けてもらいましたが、最初は厳しい世界だから無謀かな…と悩みました。でも、せっかくのチャンスだし、自分が一番好きなことを表現できる仕事なので一歩を踏み出しました。

-憧れの女優はいますか。

 蒼井優さんはバレエをやられていたからしぐさや表情に品があってきれいだし、見る側が感情移入できる振り切った演技がすてきで憧れます。

-今後はどのような作品に挑戦したいですか。

 こういう非現実的な世界観の作品やかわいい女の子を演じることも楽しいですが、映画『怒り』(16)みたいな、実際の出来事を基にした作品などで、リアリティーが求められる役もいつか演じられるようになりたいです。舞台にも立ちたいので、ダンスも続けて、エンタメ界でオールマイティーに活躍したいです!

(取材・文・写真/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『愛がなんだ』岸井ゆきの「『この役を逃したら駄目だ!』と思いました」今泉力哉監督「テルコ役は『ぜひ岸井さんで』とお願いしました」

映画2019年4月18日

 友人の結婚式の二次会で出会った田中マモルに恋した山田テルコ。その日からテルコの日常は、マモルこと“マモちゃん”一色に染まり始める。平日の朝でも電話で呼び出されれば、平気で仕事もぶっちぎる。だけど、そんなテルコにマモちゃんは気まぐれな態度を … 続きを読む

【映画コラム】ドラッグ依存症の根深さを描いた『ビューティフル・ボーイ』

映画2019年4月15日

 音楽ライターの父とドラッグ依存症だった息子が、それぞれの視点から書いたノンフィクションを映画化した『ビューティフル・ボーイ』が公開中だ。    父親役をスティーブ・カレル、息子役をティモシー・シャラメが演じている。若手俳優の有望 … 続きを読む

【2.5次元】MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~インタビュー 横田龍儀&立石俊樹&古谷大和が役者を目指したきっかけを語る

舞台・ミュージカル2019年4月15日

 2017年に配信された大人気アプリゲーム『A3!(エースリー)』を舞台化した、MANKAI STAGE『A3!』(以下、エーステ)。昨夏のSPRING & SUMMER 2018公演、そして3月24日に千秋楽を迎えたばかりのAUT … 続きを読む

「トクヨさんは、彼女だけで物語が作れるぐらい魅力的な女性です」寺島しのぶ(二階堂トクヨ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月14日

 ストックホルムオリンピックを終えた金栗四三(中村勘九郎)は日本に帰国。時代は明治から大正に移り、世の中には新しい風が吹き始める。その流れの中で、四三の前に新たに姿を見せるのが、東京女子高等師範学校で助教授を務める二階堂トクヨだ。トクヨは今 … 続きを読む

「朝ドラとの出会いは運命」母として、女優としての歩みを信じ、重責を担う母親役に挑む 松嶋菜々子(柴田富士子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月9日

 戦災孤児の奥原なつ(広瀬すず)を引き取り育てる、北海道・十勝で酪農を営む柴田家の母・富士子を演じる松嶋菜々子。私生活でも母となり、「ひまわり」(96)以来、23年ぶりに朝ドラに帰って来た松嶋にとって、前作は女優として生きる決意をさせてくれ … 続きを読む

page top