【インタビュー】『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』パトリック・デンプシー「選択の結果がポジティブでもネガティブでも、きちんと受け止めて次に進むのがブリジットの魅力」

2016年10月28日 / 16:10

 等身大のヒロイン・ブリジット(レニー・ゼルウィガー)が幸せを求めて奮闘するラブコメ映画のシリーズ第3弾『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に、テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」の天才脳外科医デレク役で世の女性をとりこにし、近年はレーサーとしても活躍するイケメン俳優パトリック・デンプシーが出演した。ヒュー・グラントに代わるメーンキャストに起用された彼が、胸に抑え込んだ思いを打ち明けた。

 

パトリック・デンプシー

パトリック・デンプシー

―世界中で大ヒットした映画シリーズのニューキャラクターに起用され、途中参加という形での出演ですが、オファーを受けた時の率直な感想を教えてください。

 とても驚いたよ。でも、脚本を読んで面白そうだなと思ったから、まだ自分がどういうキャラクターを演じるかは正確には決まっていなかったけど引き受けたんだ。もちろん人気シリーズの新作だから緊張もあったけど、それはなるべく考えないようしにした。ジャックは新しく登場する人物だから前作を見直すこともしていないんだ。

―これまではヒュー・グラントがマーク(コリン・ファース)の恋のライバル・ダニエル役で出演していましたが、ヒューに代わってメーンキャストに名を連ねることに重圧を感じましたか。

 それについても考えないようにした。だって、“ヒューの代わり”なんて思ったらプレッシャーで体が固まって動けないよ。彼はすてきな役者だからね。コメディー映画でよく知られているけれど、初期の作品もシリアスで素晴らしい。そんなヒューの代わりなんて、そもそも誰にも務まらないでしょ。

―レニーとコリンとは初共演ですね。どのような印象を持たれましたか。撮影中の思い出深いエピソードも聞かせてください。

 アカデミー賞を受賞している二人だから共演はかなり緊張したけど、二人ともプロフェッショナルで僕のことをすごくサポートしてくれたから撮影はやりやすかった。それになんといってもユーモアがあるね。撮影の合間もとても楽しくて、隣にレニーがいるのに、そっちのけでコリンと盛り上がったこともあった(笑)。そんな僕らを見て、レニーはニコニコ笑っていた。レニーは本当に感受性が強く、心が温かくて優しくて、地に足がついた女性だよ。

―レニーが演じるブリジットは決してパーフェクトな人間とは言えませんが、彼女の魅力はどこにあるのでしょうか。また、ご自身はどういう女性に引かれますか。

 人間、若い時は自分自身から離れたり逃げ出したりしてしまうこともあるけれど、年を重ねると自分を受け入れられるようになり、そこからさらに成長できる。ブリジットも、さまざまな選択をして出た結果がポジティブでもネガティブでも、それらをきちんと受け止めて次に進んでいるから、それが彼女の魅力じゃないかな。僕自身は、キラリと光る魅力や生命力、自分なりのスタイル、ユーモアのセンス、知性がある女性が好きだね。

―『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』以来5年ぶりのスクリーン復帰です。映画での一層の活躍が望まれますが、今後のプランはありますか。

 テレビの撮影は準備期間も含めてすごく慌ただしくなるけど、映画はゆっくりとしたペースでじっくり取り組めるから、今後はまた映画もやりたいと思っている。実は幾つか開発中の企画があるんだ。次はダークでエッチなキャラクターを演じてみたいね。

 (取材・文:錦玲那)

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月29 日( 土 )全国ロードショー!


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top