SHELLY、年末年始海外ドラマ特番で司会 「テレビっ子なので見る方がいい」女優願望はなし

2013年12月19日 / 05:00

SHELLY (c)Dlife  衣装協力(c)2%TOKYO

 タレントのSHELLYがBSチャンネル・Dlifeの年末年始特別編成「Dlife 72時間 ノンストップTV」で番組ナビゲーターを務めることになり、このほどインタビューに応じた。大のテレビっ子で海外ドラマも大好きというSHELLY。この特別編成で放送される海外ドラマの見どころや楽しみ方を語ってくれた。

 

――番組ナビゲーターに決まったときの感想をお願いします。

 Dlifeは普段から見ていて、すごく好きなんです。海外ドラマをずっとやっているし、タダだし(笑)。お話を頂いたのはうれしかったです。いつも見ているチャンネルに出られるのも。自分が本当に好きなので、それが伝われば。勉強して発表するんじゃなくて、自然体でやれたらと思います。

――Dlifeで放送された番組の中で好きな作品は?

 「コールドケース 迷宮事件簿」、「BONES -骨は語る-」が好きです。あと、最近は「ジェイミー・オリヴァー15MM~ぼくのスマート・クッキング」。あれ、ハマっちゃうんですよ。イギリスの人なんですけど”テキトーでええねん”みたいな人なのに、めちゃくちゃおいしそうなものを作る。朝見るとおなかがすくんです、ただ、うちには何の食材もない(笑)。料理はしないので…。

――今回の特番のラインアップで気になっているものは?

 まだ見られていないんですけど、「西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~」。めちゃくちゃ頭のいい人たちが共同生活をするんです。アメリカの人が考えそうなストーリーだけど、絶対面白いでしょうね。あと、イケメンがいっぱい出ているから「SUITS/スーツ」は、ずっと見てしまうと思います。

――今は吹き替え版も人気ですが、声を吹き替えたいとか、演じてみたいキャラクターはいますか?

 私は普段ドラマを字幕で見ますが、字幕はずっと(画面を)見ていなくちゃいけなくて目が離せないので、吹き替えが人気というのも分かります。「溺れる女たち ~ミストレス~」の小さいキャラクターをやってみたい。ストーリーがドラマチックじゃないですか。ただ、演じたい願望はまったくないので、出たいと思わないんです。見る方がいいです。

――海外ドラマではさまざまなキャラクターの恋愛模様も描かれますが、憧れのカップルは?

 「フレンズ」のモニカとチャンドラーが理想なのかなと思います。ずっと友達で、お互いのことを全部知っていて、気が付いたら”あれ、好きかも”みたいな感じ。そういうのはすてきだなと思います。私は男友達を好きになることは絶対ないですね。ドラマだから面白いのかもしれないです。

――海外ドラマはどのように楽しんでいますか?

 ”一気見”します。連続放送とかだと絶対見ますし。ドラマがずっと続いているのも見ます。見るのはほとんど夜が多いですね。あと1本だけ、1本だけって思って見ていると「ちなみに11時からはこれを放送しますよ」というお知らせが出てきて、じゃあそれも見ちゃおう、となってしまうんですよね。私も今回は、そんな迷惑な仕事をしますよ(笑)。

――”ノンストップ”でハマり続けているものはありますか?

 それこそ海外ドラマですね。本当にテレビっ子で、バラエティーもすごく好きなんですけど、海外ドラマは規模が大き過ぎて1本の映画を見たような気持ちになれます。最近は忙しくて全然映画館に行けていないので、Dlifeを見て、その時間がリセットの時間。電子レンジでチンするポップコーンを作って見ています。

――視聴者にメッセージをお願いします。

 72時間も放送するので、ちょっと見てみようかなという感覚でチャンネルを回してもらえればと思います。普段海外ドラマをあまり見ない人でもこれだけいろんな種類をお見せするので、どれかはハマると思います。ぜひ一度お試しあれという感じですね。

 

 大みそかから来年1月3日までの72時間、日本初放送作品をはじめとするさまざまなジャンルの海外ドラマを一挙放送。2014年にレギュラー放送される 「西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~」、「リベンジ3」といった新作ドラマ全7作品の第1話を先行放送するほか、選りすぐりの一話完結型ドラマなど がラインアップされている。特別編成「Dlife 72時間 ノンストップTV」は12月31日午後11時55分からオンエア。

 衣装協力(C)2%TOKYO


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top