【アニメコラム 先週の神回!】 「進撃の巨人」 #24「慈悲―ストヘス区急襲(2)―」

2013年9月25日 / 21:53

 「先週の神回!」というタイトルでコラムをスタートさせた以上、今期の“神アニメ”の呼び声高い作品を、放送中に挙げておかないわけにはいかないだろう。日本だけでなく、海外でも大ブレーク中の「進撃の巨人」だ。

 最終回の一歩手前となる第2話「慈悲―ストヘス区急襲(2)―」では、女型の巨人を捕獲するべく、調査兵団が一大作戦を決行。主人公エレンの葛藤と決断、そしてこん身の一撃までが、迫力の市街戦と並行して怒とうの勢いで描かれ、いや応なしに盛り上がる展開を見せた。関連ツイートも関東圏だけで放送中に1万2000回以上つぶやかれ、クライマックスと呼ぶにふさわしい回となった。

 見どころの多いエピソードだが、やはり立体機動装置による戦闘シーンのすさまじさが白眉と言えるだろう。女型の巨人の進撃を止めるべく、サーカスばりの連携技や、低空スレスレで(しかも地面に対して横体勢で!)飛び掛かるミカサなど、映画『スパイダーマン』シリーズに勝るとも劣らない、空中アクションのつるべ打ちには思わず目がくぎ付けになってしまう。

 イベントでプロデューサーが語ったところによれば、本作には通常の作品のおよそ倍のスタッフが投入されているとのこと。しかしアニメの制作現場とは常に人手とスケジュール不足に悩まされるもの。ましてこれだけのアクションを描く「進撃の巨人」ともなれば、制作現場が劇中の調査兵団のような修羅場であることは想像に難くない。そのことを重ね合わせると、我々は単にフィクション上の戦いを見ているのではなく、その作品を背負って、現実に戦っている人々のあがきを目撃していることになる。だからこそそれが鬼気迫る映像として伝わり、我々はそれを「神回」と呼ぶ。原作マンガが今も連載中なだけに、ひとまずの決着が最終回でどのように描かれるのか気になるが、いずれにせよ見届けておくべき熱量のアニメであることは間違いない。(野口智弘)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top