USJ、SMAPとのコラボ続々 ”5人旅”でメンバーも体験

2013年9月25日 / 21:46

『劇場版ATARU』とのコラボで発売されている特製ホットドッグ

 大阪府のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、SMAPとのコラボレーションプロジェクトを次々と展開している。

 第1弾の舞台となったのは、人気のコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」。走行中に流れる音楽を乗客が選べるこのコースターで、SMAPの新曲「Battery」が聞けるというコラボレーションが今年3月にスタートした。「Battery」はこのプロジェクトのために書き下ろされた全編英語詞の楽曲で、SMAP49枚目のシングルとしてリリースされている。

 4月にはフジテレビ系「SMAP×SMAP」の企画として5人が同所を訪れた模様が放送された。”はじめての5人旅”と称され、メンバーがプライベート感覚で来園したというこの訪問では、まさに「Battery」を聞きながら「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」に乗車してその迫力を体感。他にも、アトラクションを楽しんだり、園内で販売されているカチューシャなどのグッズを身に着けたりと満喫する様子が大きな反響を呼んだ。

 第2弾は7月、アトラクション「NEWアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ ライド 4K3D」(以下「スパイダーマン・ザ・ライド」)で、香取慎吾が主人公スパイダーマンの声を演じるというもの。香取の吹き替えによるスパイダーマンの活躍が、高精細で臨場感あふれる3D映像と共に楽しめるということで、好評を博している。

 そして第3弾として展開されているのが、中居正広主演映画『劇場版ATARU』とのコラボ。アトラクション「ANOTHER MISSION-マドカからの挑戦状-」は、来場者が園内で謎解きに挑戦する体験型のアトラクション。この中では映画のキャストが登場するオリジナル映像が使用されている。他にも、劇中で中居をはじめとするキャストが実際に使用した衣装や小道具が展示されていたり、主人公の好物であるトマトケチャップやハニーマスタードを使った特製ホットドッグが販売されている。

 今後の予定については、同社のマーケティング部では、「”World Entertainment Project”として、今後もワールドクラスのエンターテインメントを発信していく予定です。今後の予定は決まり次第発表します」と話している。

 なお、「スパイダーマン・ザ・ライド」での香取の吹き替えと、『劇場版ATARU』とのコラボは30日まで。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top