USJ、SMAPとのコラボ続々 ”5人旅”でメンバーも体験

2013年9月25日 / 21:46

『劇場版ATARU』とのコラボで発売されている特製ホットドッグ

 大阪府のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、SMAPとのコラボレーションプロジェクトを次々と展開している。

 第1弾の舞台となったのは、人気のコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」。走行中に流れる音楽を乗客が選べるこのコースターで、SMAPの新曲「Battery」が聞けるというコラボレーションが今年3月にスタートした。「Battery」はこのプロジェクトのために書き下ろされた全編英語詞の楽曲で、SMAP49枚目のシングルとしてリリースされている。

 4月にはフジテレビ系「SMAP×SMAP」の企画として5人が同所を訪れた模様が放送された。”はじめての5人旅”と称され、メンバーがプライベート感覚で来園したというこの訪問では、まさに「Battery」を聞きながら「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」に乗車してその迫力を体感。他にも、アトラクションを楽しんだり、園内で販売されているカチューシャなどのグッズを身に着けたりと満喫する様子が大きな反響を呼んだ。

 第2弾は7月、アトラクション「NEWアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ ライド 4K3D」(以下「スパイダーマン・ザ・ライド」)で、香取慎吾が主人公スパイダーマンの声を演じるというもの。香取の吹き替えによるスパイダーマンの活躍が、高精細で臨場感あふれる3D映像と共に楽しめるということで、好評を博している。

 そして第3弾として展開されているのが、中居正広主演映画『劇場版ATARU』とのコラボ。アトラクション「ANOTHER MISSION-マドカからの挑戦状-」は、来場者が園内で謎解きに挑戦する体験型のアトラクション。この中では映画のキャストが登場するオリジナル映像が使用されている。他にも、劇中で中居をはじめとするキャストが実際に使用した衣装や小道具が展示されていたり、主人公の好物であるトマトケチャップやハニーマスタードを使った特製ホットドッグが販売されている。

 今後の予定については、同社のマーケティング部では、「”World Entertainment Project”として、今後もワールドクラスのエンターテインメントを発信していく予定です。今後の予定は決まり次第発表します」と話している。

 なお、「スパイダーマン・ザ・ライド」での香取の吹き替えと、『劇場版ATARU』とのコラボは30日まで。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top