【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

2022年1月20日 / 08:00

 エルゴートも「レイチェルはマリア役にぴったりだった。彼女はどんな歌でも楽々と歌える歌唱力と、表情豊かで、力強くて幅広い演技力を持っている。製作陣は彼女を見つけることができてとてもラッキーだった」と明かした。

 一方、レイチェル自身はマリア役について「私たちは、とても若くて、自分のこととなるとちょっと危なっかしいの。でも、彼女は自分の意見をはっきりと持っている。マリアのそういうところは大好きよ」と語った。

 マリアの兄がリーダーのプエルトリコ系移民の「シャークス」と、トニーが元リーダーだった「ジェッツ」という、対立するグループ間での“決して愛し合ってはいけない男女の切ないラブストーリー”が描かれる本作。果たしてマリアとトニーがたどる運命とは…。

 レイチェルの歌声が響き渡る「トゥナイト」と「サムウェア」は圧巻。ハリウッド映画初出演とは思えない彼女の抜群の歌と演技から目が離せない。

(構成・田中雄二)

(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第25回「天が望んだ男」死期迫る頼朝の陰に隠れた女たちの火花散る戦いの予感

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、死が近づく源頼朝(大泉洋)の姿が描かれた。脚本の三谷幸喜はこの回について、インタビューで「厳かに頼朝をみとるような回」と語っていたが、随所に … 続きを読む

井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】

映画2022年7月1日

 子役の阿久津慶人が主演し、埼玉県入間市が全面協力した映画『ラストサマーウオーズ』が、6月24日から入間市で先行公開、7月1日から全国公開となる。本作は、内気な小学6年生の男の子・陽太が、好きな女の子のために仲間を集め、自主映画を制作しよう … 続きを読む

工藤遥「考えるな、感じろ」の精神で挑む風俗嬢役【インタビュー】

ドラマ2022年7月1日

 俳優として活躍する工藤遥が、7月5日から放送されるMBS/TBSドラマイズム枠「ロマンス暴風域」で、これまでのイメージを脱ぎ捨てて、風俗嬢・せりかを演じる。アラサー男性と風俗嬢の運命の恋とその後を描いた本作に「全身全霊でぶつかっていく」と … 続きを読む

それぞれ謎の一端が明かされる『エルヴィス』と『バズ・ライトイヤー』【映画コラム】

映画2022年7月1日

『エルヴィス』(7月1日公開)  伝説のシンガー、エルヴィス・プレスリーの人生を、マネジャーのトム・パーカー大佐との関わりを中心に、バズ・ラーマン監督が映画化。プレスリーがなぜ早世したのか、なぜ熱望した来日公演がかなわなかったのかなどの、謎 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top