【芸能コラム】山田孝之「全裸監督」三浦春馬「tourist」など、外出自粛の今こそ見たい動画配信サービスを紹介! オリジナルドラマ編

2020年4月14日 / 05:00

 政府が発表した緊急事態宣言以降、さらに自宅で過ごす時間が増えている人もいることだろう。そんなときこそ、見たいときに、好きなだけインターネットで視聴できる動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)が最適だ。今回は、動画配信サービス各社が制作しているオリジナルドラマを紹介しよう。地上波放送のドラマに比べ、趣向を凝らした意欲作が並ぶオリジナルドラマは、一度ハマったら病みつきになること請け合いだ。

「全裸監督」2019年8月8日(木)、Netflixで全世界独占配信

 山田孝之が主演した「全裸監督」(Netflixで配信中)は、配信開始当初から大きな話題となったドラマだ。本作は、バブル景気に沸いた1980年代の日本で、AV業界に革命を起こした伝説の風雲児・村西とおるの生きざまを描いたもの。

 Netflixのオリジナルシリーズといえば、巨額の予算を投じて制作されるクオリティーの高い作品が並ぶが、本作もその例に漏れず、世界基準のクオリティーを誇った作品になっている。当然、全世界に配信されており、国内だけでなく海外での評価も高い。

 見どころは、なんといっても山田の熱演。もともと、演技が達者だが、本作ではまるで村西本人がひょう依したのではないかと思うほどの変貌ぶりを見せる。山田自身、本作の撮影について、さまざまなインタビューで「人生で一番楽しかった現場」「このチームが解散するのは本当に嫌だ」とコメントしており、それだけ強い思いを持って臨んでいたことがうかがえる。

 また、満島真之介、玉山鉄二、リリー・フランキー、吉田鋼太郎といった、個性豊かなキャストとの競演も見ものだ。そんな本作は、配信開始後2週間足らずで、シーズン2の制作が決定。先日、21年に配信されることが発表された。

 三浦春馬の大人の色気が詰まった「tourist」(Paraviで配信中)も外せない。ParaviのオリジナルドラマとしてTBS・テレビ東京・WOWOWで3局横断放送が行われた本作は、悩みを抱えた3人の女性が、それぞれの旅先で、ミステリアスな男性・天久真(あめく・まこと)と出会い、本当の自分を見つけ出すヒューマンストーリー。

 「バンコク」編では水川あさみ、「台北」編では池田エライザ、「ホーチミン」編では尾野真千子が、等身大の悩める女性を好演した。

 爽やかなイケメン、好青年で誠実というイメージが強い三浦だが、昨今はブロードウェーミュージカル「キンキー・ブーツ」でのドラッグクイーン役が高い評価を得るなど、演技の幅を広げている。

 本作も、三浦の新たな魅力を見つけられる作品の一つ。劇中ではアドリブのようにも思える自然な会話が多く、プライベートをのぞき見しているかのようなリアリティーを感じさせてくれる。さらに、その延長線上にラブシーンがあるため、ただのキスシーンもかなりセクシーに映る。三浦が演じる真が、つかみどころがなく、手を離したらすぐにいなくなってしまいそうなどこか現実離れした男性であることも相まって、三浦の色気が存分に味わえる。

 異国を舞台にしたドラマといえば、「ブラを捨て旅に出よう〜水原希子の世界一周ひとり旅〜」(Huluで配信中)も思い浮かぶ。本作は、「半分ドラマ、半分ドキュメンタリー」というこれまでにない手法で作り上げた作品で、旅作家・歩りえこの原案エッセー『ブラを捨て旅に出よう』の実話エピソードをベースに、水原が世界を旅する物語だ。

 フィクション(ドラマ)があることで、旅番組にはないドラマチックな展開が続出。時にはトラブルに遭いながらも、人の温かさに触れ、絶景に感動する水原の姿に、改めて旅をする楽しさが感じられる。海外旅行もままならない今、この番組を見て水原と共に世界を旅した気分になるのもいいだろう。

 横浜流星が金で買われた“彼氏”役を演じる「彼氏をローンで買いました」(dTV、FODで配信中)も明るい気分にさせてくれる良作だ。自分をさらけ出せる相手として、ローンで“彼氏”を購入することにした大手外資系商社の受付嬢・多恵を主人公に、女性の本音と恋愛模様を笑いたっぷりに描く。

 主演は真野恵里菜。脚本の野島伸司による、ドキッとさせられるせりふが満載で、ある意味では現代女性の一面を辛らつに描いたドラマでもある本作だが、真野が専業主婦を狙って彼氏の前では猫をかぶるも、ストレスフルな毎日を送る多恵をポップにキュートに演じ切り、クスッと笑えるラブコメに仕上げた。また、だらしなさとチャラさを感じさせる横浜の姿にも注目。こんな彼氏が買えたら…と妄想が膨らむことだろう。

 
  • 1
  • 2

page top