舞台「Endless SHOCK」囲み取材(2月4日)詳報

2013年2月9日 / 12:00

 舞台「Endless SHOCK」の公開稽古が4日、都内の帝国劇場で行われ、終了後、出演する堂本光一、屋良朝幸、石川直、前田美波里が会見に応じた。詳細は以下の通り。

――いよいよ「SHOCK」の季節がやってきましたね。

堂本 ついこの間千秋楽を迎えたばっかりのような気もするんですけれども、でもまたこうしてステージに立ててうれしいです。

――ことしの「SHOCK」は、今までとガラッと変わった印象がありますね。

堂本 そうですね、屋良っちは再び帰ってきてくれたという感じなんですけど、(石川)直さんはもうずっとお世話になっていて、そして前田美波里さんに今回初めて出演していただいて、今までとはすごく雰囲気が変わりましたね。

――美波里さんとの共演はどうですか?

堂本 もう、稽古初日から台本を持たれていないんですよ。なんかちょっと、逆にびびっちゃいました。やべえな、ちゃんとやんなきゃなと。稽古場から空気を締めていただいて、なおかついろんな刺激を、一緒にせりふをやりとりしているだけで刺激を頂けるんですね。カンパニーにとってすごくいい風を運んでくれているなと感じます。

――前田さんは「SHOCK」をご覧になったことは?

前田 ございます。皆さんの足を引っ張らないように稽古場から一生懸命、年ですからね、頑張って覚えて入ったんですが、光一くんの魅力に完全に圧倒されちゃいまして。私、今もう光一大ファンです。
堂本 ははは。ありがとうございます。
前田 この作品、思うんですが、スタッフも出演者も光一さんを心から愛して、心を一つにして一つのショーをつくっている。気持ちがいいですし、こういうショーの仕事をずっとしてきた私にとっては、素晴らしい、いい役を頂戴したと思っております。

――光一さんとの共演はいかがですか?

前田 今も話しましたように、魅力的ですね。

――どの辺りが?

前田 もうすべてですよ! 歌って踊ってお芝居して、全部百パーセント。お稽古の最中から間違えることがないんですよ。私なんかいつも間違えるんですけど、本当にパーフェクトなんですよ。
堂本 とんでもないです、とんでもないです。全然そんなことないんですよ。
前田 心配りのすごい方で。一人一人に。
堂本 それは美波里さんです!

 

page top