栗山千明、BLは禁断の扉を開けてしまった感じ ドラマ「でも、結婚したいっ!」で憧れの腐女子役

2017年4月2日 / 12:01
「最初は想像がつかない世界だった」と語った栗山千明

「最初は想像がつかない世界だった」と語った栗山千明

 藤本ハルキの自伝漫画「BL漫画家ですけど結婚してもいいですか?」を実写化したスペシャルドラマ「でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~」が、カンテレ・フジテレビ系で4月4日に放送される。34歳独身、男性との接し方もすっかり忘れてしまうなどこじらせてしまったBL(ボーイズラブ)漫画家の藤田ハルコが、アシスタントのアドバイスで婚活に挑む姿をコミカルに描いた内容だ。

 藤田ハルコを演じ、大の漫画&アニメ好きとして知られている女優の栗山千明が、憧れだったという腐女子を演じた感想や結婚観を語った。

──台本を読んだ感想はいかがでしたか

 漫画は大好きですが、最初はBL漫画家さんの私生活が想像つかなかったです。でも、読むととてもかわいらしく描かれていたので、皆さんに愛着を持っていただけるように演じられたらと思いました。

──演じてみて感想は?

 監督の演出もあり、頑張る姿が健気で人見知りなハルコが一歩ずつ殻を破っていく姿に共感していただけたらいいなと思います。

──漫画家の職業に憧れていたそうですが、演じていかがでしたか

 役作りでペン入れのやり方をご指導いただいたり間近で見させていただいたりして、私の思い描いている漫画家像を作ることができたのはうれしかったです。女性としても、アラサーで仕事を頑張るあまりどこか恋愛をおろそかにしがちなところは当てはまる方もいるのではないかと思いますので、そういう部分も共感していただけたらうれしいです。

──腐女子の方についてはどんなイメージがありましたか

 近年腐女子要素の入った作品も普通にありますが、BLに特化した漫画はいままで見たことがなかったので、禁断の扉を開けてしまった感じがしました(笑) 。でも、心温まる話や心通わせる描写は普通のラブストーリーと同じで、それがただ男性同士ということだと思っています。

──衣装や仕草など、役作りでこだわったところは?

 特に腐女子だからこうという服装があるわけではなかったので、スタッフの方とどういう衣装がハルコらしいか試行錯誤しました。あとは人見知りでシャイなハルコが少しずつ殻を破っていく過程が描かれているので、最初は猫背で自信なさそうにしつつ、徐々に人の目を見てしゃべるように意識しました。監督も段階的に「いま恋愛偏差値いくつ」と基準を付けていましたね。

──栗山さん自身、こじらせていると思う一面はありますか

 う~ん、たくさんあると思いますけど、自分だと気づきにくいです(笑)。でも、アニメや声優さんが大好きなので、聞いてくださると冗舌にしゃべってしまって、我に返ると相手を置いてきぼりにしてしまったことはあります(笑)

kuriyama3_6761──20代前半のころ、腐女子の聖地とも言われる「乙女ロード」に行ったことがあるそうですが

 当時、新しく開拓しようと友だちと行って衝撃を受けました。BLがどの程度なのか知らずに飛び込んだので、最初は「こんなことまで描かれているの!?」と驚きました。

──その時の経験をこの作品で生かせましたか

 ハルコにとっては自分の人生そのものですが、そうでない方は当時私が思ったようなリアクションをされると思ったので、そういうところはイメージしやすかったです。

──乙女ロードでロケも行われましたが、久しぶりに行ってどうでした?

 当時はちょっと見では分からなくて、ちっちゃい本屋さんが点々と並んでいる感じでしたけど、いまは盛り上がっていましたね。カットがかかるまで歩きながら「こんなお店あるんだ! もっとぐるぐる周ってみたい!」と思っていました。

──劇中で合コンやダーツ、サバイバルゲームなどいろいろなタイプの婚活が登場しますが、興味のあるものは?

 興味という意味では合コンや結婚相談所です。ダーツとかは友だちともできますが、そうではなくて勇気を持って結婚相手を求めて出会う感覚は演じていても緊張感がありました。実際どんな感じなのだろうと気になります。そういう形で知り合って少しずつ距離を縮めていくと、かわいらしいしカップルになるのではないかな。

──この作品を経て結婚について感じたことは?

 私は結婚に焦る気持ちはなかったので、そういう気持ちを持つこともあると気づきました。ハルコは体の不調やいろいろなことが重なって結婚について考えるようになりますので、いつか自分もそう思うときが来るのかなと。でも私に、人と一緒に生活をすることができるのだろうかという思いもあります。

──それはハルコみたいに人との間に境界線を引いてしまったり?

 ハルコのように殻に閉じこもってしまうのとは違いますが、なかなか人に頼みごとをしたり打ち明けるタイプではないかもしれないです。

──結婚相手の理想像はありますか

 たぶん猫みたいな人です…。いい距離感でお互いに好きなことや時間を持ちつつ、家ではゆっくり過ごすような。そういう方のほうが自分と生活リズムが合うと思います。仕事で日々スケジュール通りに動いている分、プライベートでは逆に何も考えずに過ごしたいです。おなかがすいたらふらっと食べに行ったり気ままに生活できる時間が至福なので、マイペースな性格なのかな。

──最後にメッセージをお願いします

 笑ってほろっとして、いろんなハルコを通して頑張る気持ちや一歩踏み出す勇気を感じていただけるのではないかと思います。女性だけでなく男性の方にも共感していただけたらと思いますので、難しいことは言わずに楽しんでください。

(取材・文・写真/中村好伸)

kuriyama1_6294-2

婚活に悩む、売れっ子BL漫画家


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

映画2022年6月21日

 恒松祐里が主演する映画『きさらぎ駅』が公開中だ。本作は、2004年に「はすみ」と名乗る女性が、この世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界にたどり着いた経験をネットの匿名掲示板に投稿した後に消息不明となった都市伝説を基にしたホラーミステリ … 続きを読む

amazon

page top