織田梨沙、あどけなさ残る等身大の中にも“女優”としての信念 女海賊役は「想像しづらくて難しかった」【精霊の守り人 悲しき破壊神】

2017年2月10日 / 19:55
放送は毎週土曜、午後9時から(再放送は翌週土曜、午後4時30分から

放送は毎週土曜、午後9時から(再放送は翌週土曜、午後4時30分から)

 1月21日から放送されているNHK大河ファンタジーの新シリーズとなる「精霊の守り人 悲しき破壊神」。海賊・セナ役で物語に仲間入りする織田梨沙がファンタジーの登場人物を演じることへの難しさ、自身の感じた素直な思いをあどけなさの残る口調で天真らんまんに語る中で、女優としての強い信念をかいま見せた。

 日本発のファンタジー大作「精霊の守り人」シリーズを4K実写ドラマとして3年間にわたって放送しているこの作品は、前作から4年後、お尋ね者となった女用心棒バルサ(綾瀬はるか)と新ヨゴ国の皇太子になったチャグム(板垣瑞生)の別れ別れとなった2人のそれぞれの冒険を描く。

──3部作という大きな作品に出演が決まった際の率直な感想は? またセナ役に選ばれていかがでしたか。

 ん? NHK?って思って(笑)。ファンタジーだし、自分の想像がついていけるのかとか、演じきれるのかなどの不安はありましたけど、決まったときはうれしい気持ちの方が強かったです。原作は知らなくて、台本だけ読んで登場人物なども複雑で想像しづらいというか理解しづらくて難しかったです。

──サンガルの海賊で、ヒュウゴ(鈴木亮平)の情報網の一員であるセナというキャラクターをどう捉えていますか。

 たくましいという表現が一番かな。性格は芯がしっかりした明るくて負けず嫌いな女の子。船の頭、トップで15歳なのに、しっかりしているところはしっかりしているけど、幼いところは幼いみたいな。ちょうどいいバランスの女の子だと思いました。自分と似ているところは負けず嫌いなところ。自分の意志で動いたり、頑固で自分の思ったことは通したいところです。

──女海賊はどういうイメージで演じましたか。

 一応トップなのですが、仲間たちもキャラが濃くて強そうな感じだから負けないように、その人たちを率いるみたいな姿勢でいました。仲間たちはふくよかで大きい感じ(笑)。普段はリーダーシップをとる方じゃないし、みんなの前で声も張らない。今回は、大きな声でみんながついてくるように、自分では頑張りました。監督には「おー、良かったじゃん。ちゃんと堂々としていたよ」と言われました(笑)。

seirei11──ファンタジー作品に出演する緊張感や面白さ、期待などはありましたか。

 ファンタジーだからどうというより、これが2本目(の出演作)なので「女海賊をやるぞ!」とすごくわくわくしました。衣装は一つひとつが凝っていてすごくかわいい。メークをして衣装を着て、よしやるぞという感じはあるけど、(役に入る)オンオフは衣装より“よーいスタート”の掛け声の方にある感じです。

──出演作品は2本目とのことでしたが、芝居の楽しさはどのようなところにありますか。また、セナを演じるにあたってどのような準備をしましたか。

 自分じゃない人を演じることが楽しいですね。あんまり自分のことが好きじゃないから(笑)。役に対しては、発声練習をしました。あとは台本をもう何回も何回も読んで、リハーサルでアドバイスをもらったり…。自分で考えてきたものが現場で違うと言われるとパニックになってしまうので、芝居が乏しくならないように、いろいろな方向で考えられることは考えていました。

──そもそも、モデルから女優を目指した理由はなんですか。

 モデルとして事務所にスカウトされて入って、最初は女優に興味がなかったんです。お世話になったカメラマンさんや社長に「女優に興味ない?」とか「向いているんじゃない?」と言われるようになって、だんだん意識してきて。そのタイミングでまたやってみないかと言われて、やってみますみたいな感じで(笑)。最初からモデルと女優は違うものだと思っていたから、女優が大変とは思わなかったです。今は続けていきたいし、いろいろな役や演技に挑戦していきたい。

──長い時間をかけて作る大きな作品を経験している今、現場でどのようなことを学びましたか。

 現場ではいろいろと学ぶことがたくさんあって、それを忘れずに次の現場に生かしていけたらいいなと思います。たとえば当たり前のことだとは思うけど、カメラアングルが変わったときに自分がどのタイミングで動いたか、何をしたか記憶しておかないと演技がつながらない。「覚えておいてよ~」と言われました(笑)。

(左から)ヒュウゴ、チャグム、セナ

(左から)ヒュウゴ、チャグム、セナ

──最後に、セナの一番の見どころを教えてください。

 第4話(2月11日放送分)の、初めてのセナの長せりふ。そこでセナがどんな人なのかが分かるような長いシーンがあって、すごく頑張ったので見てほしいと思います。自分の生まれた島のこととかをチャグムに教えているシーンで、怒るところもある。セナらしいシーンです。せりふも難しいけど、せりふのないところの演技も難しい。実践できているかは分からないけど、見ている人に「演技している顔だ」とは思われたくないのでそこは気をつけました。

<プロフィール>
織田梨沙(おだ・りさ)
1995年生まれ、千葉県出身。2012年よりモデルとして雑誌、広告などで活動。15年女優デビュー。映画『秘密 THE TOP SECRET(16)でヒロインに大抜擢されスクリーンデビュー。大和ハウス新企業CM『故郷2016』篇が放映中。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】昔のB級SF映画のにおいがして楽しい『ジオストーム』

映画2018年1月20日

 世界中が度重なる自然災害に悩まされる中、科学技術者のジェイク(ジェラルド・バトラー)は、地球の天候を制御する気象コントロール衛星“ダッチボーイ”を開発して地球を救った。ところが3年後、衛星が暴走を始め、地球に再び危機が訪れる…というSF映 … 続きを読む

【ライブレポート】PHOENIX‐Etenal Flame‐「俺たちは全力で走り続けるからみんなも全力で追いかけてこい!」

2018年1月19日

 ゲーム実況・音楽制作ユニットとして知られるM.S.S Project(以下MSSP)の全国ツアー「PHOENIX‐Etemal Flame‐」(以下PEF)のファイナル公演が、昨年12月28日に東京・国際フォーラム ホールAで開催された。 … 続きを読む

【インタビュー】『ジオストーム(日本語吹き替え版)』上川隆也「今までのディザスター映画のいいとこ取りをしたような映画」山本耕史「ドキドキ感がたまらない」ブルゾンちえみ「サラのような女性に憧れます」

映画2018年1月19日

 世界の気候が気象コントロール衛星によって完璧に制御されるようになった未来。だがもし、それが暴走したら…?『ジオストーム』(19日公開)は、最先端の映像技術を駆使して、異常気象が引き起こす世界の危機に立ち向かう人々の活躍を描いたディザスター … 続きを読む

【インタビュー】「賭ケグルイ」注目の“ライダー俳優”高杉真宙 ライバルたちの活躍は「自分にとって大きなエンジンに」

ドラマ2018年1月15日

 近年の映画、ドラマ界を席巻している、菅田将暉、佐藤健、福士蒼汰、竹内涼真、吉沢亮…。彼らは全員、特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズに出演していた“ライダー俳優”だ。シリーズ自体が“若手俳優の登竜門”と呼ばれるだけあり、メインキャスト … 続きを読む

「西郷さんを支えながら子どもを育てる糸の強さを見せられるように」黒木華(岩山糸)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年1月14日

 生涯に三度結婚した西郷隆盛(鈴木亮平)の三番目の妻となり、明治維新に向かって突き進む西郷を支えた岩山糸。本作では、幼い頃から西郷に思いを寄せ、紆余(うよ)曲折の末に結ばれる運命の女性として登場する。演じるのは「真田丸」(16)以来、2年ぶ … 続きを読む

page top