二宮和也、主演ドラマを異例のアピール 「見ても見なくても“どっちでもいい”」

2015年12月24日 / 16:50

立川談志役を演じたビートたけし

 TBSのスペシャルドラマ「赤めだか」の完成披露特別試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、ビートたけし、濱田岳、宮川大輔、北村有起哉、番組のナビゲーターを務める笑福亭鶴瓶、原作者の立川談春が登場した。

 談春の自伝的エッセーを原作としたこのドラマは、17歳の談春(二宮)が、「天才」「異端児」と言われた談志(たけし)のもとに弟子入りし、新聞配達をしながら生計を立て、弟子仲間たちと苦楽をともにしながら成長していく様子と、落語に挑み続けた談志の破天荒な生きざまを描く。

 上映後の舞台あいさつとあり、客席の大歓声で迎えられた二宮は、「僕は一足先に見たんですが、本当に面白いドラマだなと感動しました。自分が出たドラマということもあるけど、それを度外視しても楽しめました」と満足げにコメント。

 また終盤には、「28日に放送されますが、本当に見ても見なくても“どっちでもいい”です。たまたま(テレビを)つけて、やっていたら見てほしいなという感じです」と異例ともいえるアピール方法を取った二宮。「こういう作品はすごく珍しくて…」とした上で、その真意について「見たほうが絶対に得をするし、見ない人は絶対に損をすると思っているので、見ない人だけが損をすればいいなと思って…」と説明した。

 会場の笑いを誘いながらも、「こういったドラマの底力というか、見た人だけが得をする…。その時間に(テレビを)つけたらやっていて、見て感動するからこそドラマなのであって…。そこを醍醐味として味わっていただければ…」と話し、客席に向けて「もう一度はご覧になっているかもしれませんが、“もし時間が合えば”見ていただけたらと思います」と笑顔で呼び掛けた。

 一方のたけしは、冒頭から「(自分は)談志さんの弟子で唯一破門された男」と自虐を交えつつ「談志さんの役をやらせていただいて、いかに自分の芸が勉強不足だったかと痛感しました」としみじみ。

 いつもとは違ったトーンで「談志さんというのは鬼才。あまりにも落語が好き過ぎて、客に愛されるということを乗り越えて、落語をもう一回教え直すというような人。たまに秘蔵テープなんかが手に入ると聞いてみたりするけど素晴らしいものがある。だから社会が立川談志をもっと評価をしていいし、もっと違う判断もあるべきでないかな」と持論を展開した。

 また、「談志役をもらった時には、あまりにも自分の役者としてのいい加減さを身にしみて思っていたので、これはまずいなと思った」と吐露しつつ「『談志さんに似てるね』と言われたらまあ、御の字だと思って一生懸命にやった」と謙虚に振り返っていた。

 そんなたけしについて、鶴瓶は「お兄さん(たけし)も(談志を)一番よく知っているから演じにくかったと思いますよ。いつもはこんな感じじゃないですから」とフォローしつつ「頭の下げ方や“まくら”のやり方とか…、落語、談志に関してはきっちりハメていこうとしますから。それはすごいですよね」と感心していた。

 ドラマはTBS系で28日、午後9時~11時25分に放送。

all_4445

 


芸能ニュースNEWS

デーモン閣下、中国・四国9県の観光PR 「たくさんの人に復興の一役を担ってもらいたい」

トレンド2018年12月13日

 「中国・四国9県連携復興プロモーション記者発表会」が13日、東京都内で行われ、広島県に縁のあるミュージシャンのデーモン閣下、岡山県出身の俳優・前野朋哉、香川県出身のアイドル行天優莉奈(AKB48 Team8)が登場した。 続きを読む

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。  年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢 … 続きを読む

綾瀬はるか、クリスマスは「大河の撮影」 ボーイフレンドの理想は「お兄さんタイプ」

トレンド2018年12月12日

 「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018」授賞式が12日、東京都内で行われ、美容誌『VOCE』によって、「2018年“最も美しい顔”」に選出された女優の綾瀬はるかが出席した。 続きを読む

玉木宏、“猫と共演”も「なかなか一線を越えられない」 怖くて近づけない理由語る

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の玉木宏、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩、武正晴監督、原作者の羽田圭介氏が登壇した。  本作は、記憶と勘を武器に指名手配犯を捜 … 続きを読む

ブラッドリー・クーパー5年ぶり来日 胸元ざっくりなローラ気遣う

映画2018年12月12日

 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアが11日、東京都内で行われ、来日した出演者で監督のブラッドリー・クーパー、スペシャルサポーターのローラが出席した。  本作は、アーティストのレディー・ガガが主演を務め、『アメリカン・スナイパー』な … 続きを読む

page top