加藤シゲアキ、作家目指す人へアドバイス 「初期衝動と熱量がないと書き終えられない」

2016年1月18日 / 18:45
加藤シゲアキとトークセッションを行った行定勲監督

加藤シゲアキとトークセッションを行った行定勲監督

 映画『ピンクとグレー』クリエイタートークセッションが18日、東京都内で行われ、行定勲監督、原作者の加藤シゲアキ(NEWS)、漫画家のひうらさとる氏が出席した。

 映画は13日時点で興行収入1億6千万円を超えるヒットを記録し、原作小説も累計発行部数40万部を突破している。加藤は「まだあまり実感がない。『見てきたよ』と言ってくれる方もだいぶ増えてきて、通っているジムのトレーナーも『行ったら満員だった』と。(映画も)喜んでもらえたので良かった」と喜んだ。

 代表作『ホタルノヒカリ』が綾瀬はるか主演でドラマ化されたひうら氏は、原作小説について「はじめはちょっとぎこちないけど、だんだん筆が乗っていっているのが分かる。書く喜びみたいなものを感じました」と感想を語り、「『コインロッカー・ベイビーズ』みたいな感じがしました」と称賛した。

 映画化に当たり、原作者の加藤から「いろいろ思うことはありますが、実験精神にあふれて本気度がうかがえるのでやってください」と言葉をかけられたという行定監督は「俺たちとしては背中を押された意見」と語り、加藤も「僕を気にして忠実にやるよりも、行定さんが今やりたいことを僕の小説を使って遊んでくれた方が面白いんじゃないかなと思いました」と語った。

 完成した映画について加藤は「自分の作品が映画になった喜び、本当に映画になったという安心、こうしちゃうんだという戸惑いと、面白さ。いろいろな感情がぐちゃぐちゃになりました」と振り返り、「僕が生んだ子どもがこんなに大きな形に育っていくなんて思っていなかった。もっと大きく育っていけばいいなと思います」と、さらなるヒットを願った。

 ひうら氏と行定監督は「人と話すこと」がクリエーションのきっかけになるといい、加藤は「何か降ってくるというと格好良すぎるけど、あるんですよ」と笑わせた。また、作家を目指す人へ「初期衝動と熱量(が大切)。書いている途中でこれは本当に面白いのかと不安になるとテンションが下がってしまう。最初に書きたいと思った気持ちを忘れずにいようと思っています。それがないと書き終えられない」とアドバイスした。


芸能ニュース

主演の綾野剛

綾野剛“不謹慎な問題作”をアピール 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学んで」

映画2016年6月25日

 映画『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。  本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最 … 続きを読む

二階堂ふみ(左)と小泉今日子

二階堂ふみ「170センチぐらいになると思っていた」 小泉今日子に「四の字固めをかけられた」

映画2016年6月25日

 映画『ふきげんな過去』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、前田司郎監督が出席した。  本作は、小泉と二階堂が初共演した人間ドラマ。退屈な日々を送っていた女子高生の果子(二階堂) … 続きを読む

神木隆之介

長瀬智也「生まれ変わったらクドカンになりたい」 長瀬&桐谷健太「一番鬼だと思うのは神木隆之介」

映画2016年6月25日

 映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、宮藤官九郎監督ほかが登場した。  本作は、命を失い地獄に落ちた高校生の大助(神 … 続きを読む

黒木瞳監督

黒木瞳、初監督作公開までの苦労を振り返る 木村佳乃「監督としては非常に厳しかった」

映画2016年6月25日

 映画『嫌な女』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井、黒木瞳監督が登壇した。  桂望実氏のベストセラー小説を映画化した本作は、堅物弁護士と天才詐欺師という立場も境遇も違う対照 … 続きを読む

チュチュ風衣装を着こなした渡辺美奈代

渡辺美奈代、膝上20センチミニスカでさんみゅ~に勝利宣言 「すごく心配」と新田恵利を気遣う

アイドル2016年6月25日

 6人組アイドルグループさんみゅ~による定期公演「純白歌合戦」#2が24日、東京都内で行われ、報道陣に公開された開催前リハーサルに、さんみゅ~と渡辺美奈代が出席した。  1980年代アイドルの継承を掲げ、活動しているさんみゅ~が今年4月から … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top