相葉雅紀&松本潤がそろって年賀状を投函 「来年はキャッチーな相葉雅紀で」

2015年12月15日 / 14:11

 「2016年用年賀状引受開始セレモニー」が15日、東京都内で行われ、嵐の相葉雅紀と松本潤が出席した。

 二人は「2016(平成28)年用お年玉付き年賀はがき」のコミュニケーションパートナーである嵐を代表して参加した。

 まず舞台に登壇したのは松本。白の羽織はかまで登場し、「今年は歌手としての活動が印象的。8年ぶりの宮城県でのコンサート、そして今開催中のツアーとたくさんのファンの皆さんと会う機会ができた。直接コミュニケーションを取れたことで、たくさんの方に支えられているんだなとあらためて感じました」と今年を振り返った。

 巨大ポストへの投函を前に「(年賀状は)メンバー全員に出しますよ。大野(智)さん、櫻井(翔)さん、二宮(和也)さん…」とトボける松本に、「いやいや! バカ言ってんじゃないよ! “千葉県出身、相葉雅紀さん”もいるでしょ!」と突っ込みつつ、巨大ポストから姿を見せた相葉。「ポストの妖精、相葉雅紀です!」と笑顔であいさつした。

 嵐が出演する放映中のCMが“ポストの中の世界”をイメージしたもののため、ポストの中から登場した相葉は「すごく居心地が良かったです」と笑い、松本も「相葉さんならではの登場の仕方。楽屋は一緒だったけどね」と明かして笑いを誘った。

 松本は「あらためて年賀状の歴史や作法を調べて知り、先輩や友人それぞれに気持ちをきちんと伝えられるように、手書きの部分も作りました」と年賀状へのこだわりを語り、「メールとかもあるけど、一枚ずつハガキに気持ちを込めて書くというのは、日本ならではの昔から続いている文化ですから大事にしていきたいです」と語った。

 相葉はCM撮影について「すごく穏やかな空気でした」と語り、CMで嵐が口ずさむ“年賀状ください~”という曲について「あの名曲あるじゃないですか。あれを歌ったり踊ったりしたんですが、緩い感じの名曲だったんで、より場が和みました」と撮影を振り返った。

 松本は「先日、来年は12年に一度のいい年と言われたことを別の場でお話したんですが、その後さらに、ここから3年間いい年だと言われて。嵐としてもいい1年にしたい。新しいことにもチャレンジしたいし、実りある1年になれば。期待しかないです」と笑顔で来年の抱負を語った。

 相葉は先のコメントに続けるように「CMの名曲のように緩~く。ゆるキャラでいきたい。楽しく、キャッチーに。キャッチーな相葉雅紀でいきます!」と宣言。「いろいろと学ぶこともたくさんあったので、2015年にやれたことを2016年にもできるようにやっていけたら」と笑顔で述べた。

 最後に2人は、会場に招かれた10人の子どもたちの年賀状投函を手伝い、名前を呼んだり、かがんで目線を合わせながら、優しくサポートした。


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top