関ジャニ∞の人気バラエティーが初全国放送に 「予測不能」な先輩・TOKIO長瀬智也も出演

2015年12月10日 / 17:06

 関ジャニ∞が出演するフジテレビの人気バラエティー番組「関ジャニ∞クロニクル」が、2016年1月1日(金)にスペシャル番組「関ジャニ∞クロニクル いきなり正月でSP」として初めて全国ネットで放送、さらにTOKIOの長瀬智也がゲスト出演することが明らかになった。

 「関ジャニ∞クロニクル」は今年の5月にスタートし、関東ローカルで放送中。初の全国ネット放送にメンバーは「全国のみなさんに見ていただけるのは本当にうれしいことですし、僕らにとっても新しいチャンスにつながるのかな」(安田章大)、「全国ネットだからと意識することなく、いつも通りに。その姿が一番全国のみなさんに見ていただきたい部分なので。事務所の先輩(長瀬)がゲストにいらして緊張しましたが、いつも通りの“わちゃわちゃ感”を楽しんでいただけたら」(渋谷すばる)、「収録には、できるだけたくさん映って目立って、“こいつタダモノじゃないな”というのをアピールしたいという野心を持って挑みました」(丸山隆平)と、さまざまな感想で喜びを表現。

 そして、今回のゲスト・長瀬が出演するのは「いきなりドッジ」。メンバーらがいる空間に突然ボールが落下、唐突にドッジボールが始まる…という番組の名物企画だ。今回はスペシャルということで罰ゲーム付きボールの内容も番組史上最も過酷、さらにジャニーズの先輩を迎えるというプレッシャーに「先輩の器に助けられました。僕らはやりたい放題やらせていただきましたが、それに応えてもらいつつ、先輩も楽しんでくださったのではと思います」と村上信五。横山裕は「先輩が予測不能で、放送を見るのが怖いです」と収録を振り返った。

 「いきなりドッジ」で毎回ズルい手を使っても勝ちにこだわり、ほかのメンバーから“コソ倉(姑息な大倉)”と呼ばれるなど新たな一面を見せている大倉忠義は「長瀬さんが先輩ということを僕らに意識させないような対応をしてくださって。先輩なのに一番自由な人だったので、僕らもこのまま自由にやらせていただいても“芸能界、大丈夫なんだな”と思いました」と笑いを交えてコメントした。

 番組がスタートして約半年、メンバーはロケやコント、スポーツ、トークなどさまざまな企画に挑戦してきた。2016年に向けての番組の意気込みを問われると、錦戸亮は「今回はお正月のスペシャルですが、レギュラーでの全国放送を狙いたいですね」と言葉に力を込めた。

 「関ジャニ∞クロニクル いきなり正月でSP」は2016年1月1日(金)午後23時30分~24時30分、フジテレビ系にて放送。

 


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top