野村周平主演、少年同士の愛憎描く人気作が映画化 「今まで体験したことがない経験が必ずできる」

2015年7月30日 / 11:53
『ライチ☆光クラブ』の出演者たち

『ライチ☆光クラブ』の出演者たち

 人気コミック『ライチ☆光クラブ』の映画化が決定し、野村周平が主演することが分かった。

 漫画家・古屋兎丸氏による原作で、少年たちの思春期の葛藤がテーマ。黒い煙と油に塗れた町”蛍光町”と、廃工場の秘密基地”光クラブ”を舞台に、大人になることを拒んだ9人の美しい少年たちの愛憎と裏切りの物語を、ダークな世界観で描く。

 今回、発表された9人の少年たちを演じるメンバーは、野村をはじめ古川雄輝、間宮祥太朗、池田純矢、松田凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音という20代の若手俳優たち。内藤瑛亮監督は「キャラクターがもつ感情の核を体現してくれる俳優の方々に集まっていただきました」と述べている。

 野村は「若手キャストやスタッフの全員の仲がよかったので、それがいい形で映画に現れていると思います」と現場での雰囲気を明かし、「とても刺激的な作品。 普段の生活をしていたら絶対に交わることがない世界が描かれているので、今まで体験したことがない経験が必ずできると思います」とコメントを寄せた。

 「同世代の役者さんが多く、皆さんとのお芝居は刺激的で面白かったです」という古川も「原作ファンの方々、そして初めてご覧になる方々にも、映画化した『ライチ☆光クラブ』の独特な世界観を楽しんでいただきたいです」と述べた。間宮も「閉鎖的な街の中で、鋭角で狭い視野の中で、やみくもに自身にとっての光を探した少年たちの狂気じみた思春期をぜひ観てください。この作品に関われたことを深く感謝しています」と語っている。

 「映画化にあたって、この作品がもつフィクション性の高い世界観を成立させることが一番の難問でしたが、スタッフの皆さんからの知恵を借り”蛍光町”という世界を構築できたと思っています」という内藤監督。独創的な世界観を実現させるべく、撮影は実存する廃工場で敢行されたという。劇中では少年同士の愛も描かれるが、内藤監督は「同士愛のシーンでは、昔読んだ『風と木の詩』を思い出しながら、歪んだ内面を抱えた者同士の哀しい繋がりであることを意識しました」と明かした。

 映画は今冬、新宿バルト9ほかで全国ロードショー。


芸能ニュース

“2度の侵略”を体験したジェフ・ゴールドブラム

『インデペンデンス・デイ』20年を経て最新作 「一致団結すればエイリアンにも」と監督

映画2016年6月29日

 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見が29日、東京都内の東京スカイツリー展望デッキで行われ、ローランド・エメリッヒ監督と出演者のリアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが出席した。  1996年 … 続きを読む

「カウカウファイナンス」の社長を演じる山田孝之

山田孝之『ウシジマくん』完結にゆるい意気込み 『リターンズ』も?

映画2016年6月29日

 映画『闇金ウシジマくん Part3』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』キャスト発表会見が29日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、やべきょうすけ、崎本大海、最上もが、本郷奏多、白石麻衣、藤森慎吾、筧美和子、浜野謙太、安藤政信、YOU … 続きを読む

ヒロインに決定した有村架純

有村架純、来春の朝ドラヒロインに 「新しい風を吹かせていけたら」

ドラマ2016年6月29日

 NHKが29日、平成29年度前期連続テレビ小説が「ひよっこ」に決まり、ヒロインが女優の有村架純に決定したことを発表した。  13年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの母親の少女時代を演じて大ブレークした有村だが「その時とは180 … 続きを読む

木梨憲武(左)と室井滋

室井滋、13年ぶり『ニモ』続編 役を引きずりプライベートでも“物忘れ”

映画2016年6月29日

 映画『ファインディング・ドリー』の監督来日記者会見が29日、東京都内で行われ、アンドリュー・スタントン監督、アンガス・マクレーン共同監督、日本語吹き替え版キャストの室井滋、木梨憲武、上川隆也、中村アンが登壇した。  この映画は、13年前に … 続きを読む

本当に演技派と監督から絶賛された竹内結子

撮影現場で「振り回され役」の西島秀俊を 竹内結子「イジっていました」

映画2016年6月29日

 映画『クリーピー 偽りの隣人』大ヒット記念トークショーが28日、東京都内で行われ、出演者の竹内結子、藤野涼子と黒沢清監督が出席した。  前川裕氏による原作小説「クリーピー」を映画化したこの作品は、ある夫婦の日常が“奇妙な隣人”への疑惑と不 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top