【インタビュー】「荒野のピンカートン探偵社」DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ) 「これからも国境に関係なく仕事をしていきたい」

2015年12月16日 / 12:13

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役で人気急上昇中の俳優DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)が、全米デビューしたテレビドラマ「荒野のピンカートン探偵社」のDVDが2016年1月に発売される。本作は1860年代の米カンザスを舞台に、アメリカ最古の探偵社「ピンカートン社」の活躍を描いた西部劇。ディーンは、ピンカートン親子と科学調査を得意とする女性探偵の3人と共に事件を追う、武術の達人ケンジ・ハラダを演じている。DEANが撮影エピソードや俳優デビュー10周年を迎えた心境を語った。

 

俳優デビュー10周年を迎えたDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)

俳優デビュー10周年を迎えたDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)

―本作で全米デビューを果たしましたが、どういう経緯で出演が決まったのか教えてください。

 もともとアジア人をキャスティングしようと思っていたようで、プロデューサーの方が2時間ぐらいオーディションのような面接試験をしてくれて、それで決まった感じです。

―選ばれた決め手は何だったと思いますか?

 それは僕には分からないのですが、いろいろな人種の人がいて長丁場の撮影となる中、ちゃんとコミュニケーションが取れるかどうかを見ていたと思います。これまで僕がやってきた仕事の資料は事前にスタッフにわたっていたと思うので、プロの俳優としてクルーと一緒に楽しい日々が過ごせるのか、そういうところを見ていたのではないかと思います。

―西部劇には思い入れなどはありましたか。

 西部劇といえば三船敏郎さんやアラン・ドロンが出演した『レッド・サン』のイメージが強いですね。そもそもケンジも三船さんの役に対するちょっとしたオマージュなのかなと勝手に思っていました。

―そのケンジ・ハラダを演じた感想はどうでした。

  最初と最後ではキャラが違ったので、こういう人だったのかと思いながら演じられて楽しかったです。最初は殺された父親の復讐(ふくしゅう)を果たすためにアメリカにやってくる、バックグラウンドがはっきりとした侍のイメージでしたが、後半は意外とファンキーでちゃめっ気もあって。最初は3~4エピソードに出演する予定でしたが、登場した第4話の反応が良くて倍の7エピソードに増えました。クルーのみんなが僕の力が発揮できるような場面を作ってくれたおかげです。感謝しています。

―後半は女性からモテていましたが、あの設定は最初からですか。

 いや、初めはなかったと思います(笑)。途中からそういうふうになっていきました。割とプレーボーイで、最初はキスシーンもあって、「ケンジやるなー」と思っていたけど、さすがに時代背景を考慮して途中で変わりました。最初は結構イケイケな感じでした(笑)。

―アクションも披露していましたね。

  アクションは中華圏で仕事をしていたころからずっとやっていましたし、個人的にマーシャルアーツやボクシングなどもやっているので好きです。

―今までさまざまな国の作品に出演されて、苦労されたと思いますが、一番仕事がしやすかったのはどこですか。

  こればっかりは慣れですね。慣れてしまえばどこでもできますし、自分は毎回違う場所や環境、スタッフの方たちと仕事をしてきたので、自分で選べるとしたら逆に迷ってしまいます(笑)。ただ、クオリティーを高めるという意味で見た場合、北米が使っているユニオンシステムが一番いいと思います。気力や体力に無理が掛からないので、演者もスタッフもより集中力が保てるし、アートやクリエイティブが最優先されるスタイルなので、仕事をするには理想的な環境です。

―「あさが来た」や「探偵の探偵」など日本の作品にも出演されていますが、海外の現場との違いは感じましたか。

  日本の方が編集に送るフッテージ数(未編集の映像)が少ないので、現場で使える物を厳選する印象を受けました。自分が知っている範囲では中華圏も北米も多めに撮影して編集に伸びしろを残す印象がありますが、日本は使う場所が決まっていてそこがOKだったら次の撮影、みたいな。効率的で緊張感は一番高まります。日本ではそういう違いを感じました。

―今年で俳優デビュー10周年を迎えられましたが、今後の抱負など教えてください。

 引き続き国境に関係なく仕事をしていけたらと思いますが、家族に2~3カ月に1回しか会えないのはどうにかしないと、という思いもあり、どこかに定住したい気持ちもあります。でも、仕事で縁があればどこへでも飛んで行きたいです。一つの場所で活動するのもいいと思いますが、自分は最初からそうではなかったし、それが自分の命題かな。後は、お世話になった人たちが世界のいろいろな所にいるので、映画や音楽を通してお礼参りをしたいですね。

―「あさが来た」で日本でも一気にお茶の間で知られることになりましたが、人気の実感はありますか。

 おばあちゃんが喜んでくれるのはやっぱりうれしいです。それにNHKは日本以外でも見られるので、今までほかの国で応援してくださった方に届くのもすごくうれしいですね。

取材&テキスト:中村好伸

武術の達人ケンジ・ハラダを演じる

武術の達人ケンジ・ハラダを演じる

 

荒野のピンカートン探偵社_仮ジャケ海外ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」
DVD‐BOXIはアミューズソフトより2016年1月13日に発売。価格は1万2000円(税抜)。DVD‐BOXⅡは2016年2月3日に発売。価格は1万円(税抜)。


特集・インタビュー

小橋鞠子役の相楽樹

「唐沢さんのアドリブがすごいんです」杉咲花(小橋美子)/「『俺は自爆した』『こういうのはまねするなよ』って」相楽樹(小橋鞠子) 【とと姉ちゃん インタビュー】

テレビ2016年7月1日

 二人の妹と母を守って奮闘する小橋常子(高畑充希)を描く連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。6月3日から子役の根岸姫奈に代わって、小橋家の三女・美子を演じているのが杉咲花だ。当初は途中からの参加に戸惑いもあったという。撮影前の心境と合わせ、次女 … 続きを読む

(C) 2016「団地」製作委員会

【コラム 2016年注目の俳優たち】第7回 斎藤工 “セクシー”だけではない俳優としての魅力 『団地』

映画2016年6月28日

 “セクシー”“色気がある”…。そんな形容詞と共にブレーク中の斎藤工。主演したドラマ「最上の命医」(11)や「医師たちの恋愛事情」(15)などを振り返ると、そこに“知的”という言葉を加えてもいいかもしれない。さらに、モデルとしても活躍した1 … 続きを読む

「嵐のワクワク学校2016」最終公演レポート

ライブ2016年6月27日

 「嵐のワクワク学校2016~毎日がもっと輝く5つの自由研究」が26日の東京ドーム公演で最終公演を迎えた。  2011年にスタートし、今年が6度目の開催となるイベントは、嵐が“先生”となり、日々の暮らしを楽しくするコツやその気づきの大切さを … 続きを読む

(C)2015 「二重生活」フィルムパートナーズ

【映画コラム】新感覚の心理サスペンス『二重生活』

映画2016年6月25日

 小池真理子の同名小説を映画化した異色サスペンス『二重生活』が公開された。ドラマ「開拓者たち」(12)や「ラジオ」(13)などで知られる岸善幸が原作を大胆に脚色し、自身の映画監督デビュー作とした。  大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、担当教 … 続きを読む

小山田茂誠を演じている高木渉

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第6回 高木渉&新納慎也 大河ドラマ初出演で存在感を発揮 「真田丸」

ドラマ2016年6月21日

 豊臣の大軍に包囲された北条氏政(高嶋政伸)に降伏を薦めるため、小田原城に潜入した真田信繁(堺雅人)。降伏反対派の兵士たちの襲撃を受けた窮地を救ったのは、あの男だった…。  「真田丸」第23回「攻略」のラストに登場した信繁の義兄・小山田茂誠 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

アクセスランキング RANKING

page top