【インタビュー】「荒野のピンカートン探偵社」DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ) 「これからも国境に関係なく仕事をしていきたい」

2015年12月16日 / 12:13

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役で人気急上昇中の俳優DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)が、全米デビューしたテレビドラマ「荒野のピンカートン探偵社」のDVDが2016年1月に発売される。本作は1860年代の米カンザスを舞台に、アメリカ最古の探偵社「ピンカートン社」の活躍を描いた西部劇。ディーンは、ピンカートン親子と科学調査を得意とする女性探偵の3人と共に事件を追う、武術の達人ケンジ・ハラダを演じている。DEANが撮影エピソードや俳優デビュー10周年を迎えた心境を語った。

 

俳優デビュー10周年を迎えたDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)

俳優デビュー10周年を迎えたDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)

―本作で全米デビューを果たしましたが、どういう経緯で出演が決まったのか教えてください。

 もともとアジア人をキャスティングしようと思っていたようで、プロデューサーの方が2時間ぐらいオーディションのような面接試験をしてくれて、それで決まった感じです。

―選ばれた決め手は何だったと思いますか?

 それは僕には分からないのですが、いろいろな人種の人がいて長丁場の撮影となる中、ちゃんとコミュニケーションが取れるかどうかを見ていたと思います。これまで僕がやってきた仕事の資料は事前にスタッフにわたっていたと思うので、プロの俳優としてクルーと一緒に楽しい日々が過ごせるのか、そういうところを見ていたのではないかと思います。

―西部劇には思い入れなどはありましたか。

 西部劇といえば三船敏郎さんやアラン・ドロンが出演した『レッド・サン』のイメージが強いですね。そもそもケンジも三船さんの役に対するちょっとしたオマージュなのかなと勝手に思っていました。

―そのケンジ・ハラダを演じた感想はどうでした。

  最初と最後ではキャラが違ったので、こういう人だったのかと思いながら演じられて楽しかったです。最初は殺された父親の復讐(ふくしゅう)を果たすためにアメリカにやってくる、バックグラウンドがはっきりとした侍のイメージでしたが、後半は意外とファンキーでちゃめっ気もあって。最初は3~4エピソードに出演する予定でしたが、登場した第4話の反応が良くて倍の7エピソードに増えました。クルーのみんなが僕の力が発揮できるような場面を作ってくれたおかげです。感謝しています。

―後半は女性からモテていましたが、あの設定は最初からですか。

 いや、初めはなかったと思います(笑)。途中からそういうふうになっていきました。割とプレーボーイで、最初はキスシーンもあって、「ケンジやるなー」と思っていたけど、さすがに時代背景を考慮して途中で変わりました。最初は結構イケイケな感じでした(笑)。

―アクションも披露していましたね。

  アクションは中華圏で仕事をしていたころからずっとやっていましたし、個人的にマーシャルアーツやボクシングなどもやっているので好きです。

―今までさまざまな国の作品に出演されて、苦労されたと思いますが、一番仕事がしやすかったのはどこですか。

  こればっかりは慣れですね。慣れてしまえばどこでもできますし、自分は毎回違う場所や環境、スタッフの方たちと仕事をしてきたので、自分で選べるとしたら逆に迷ってしまいます(笑)。ただ、クオリティーを高めるという意味で見た場合、北米が使っているユニオンシステムが一番いいと思います。気力や体力に無理が掛からないので、演者もスタッフもより集中力が保てるし、アートやクリエイティブが最優先されるスタイルなので、仕事をするには理想的な環境です。

―「あさが来た」や「探偵の探偵」など日本の作品にも出演されていますが、海外の現場との違いは感じましたか。

  日本の方が編集に送るフッテージ数(未編集の映像)が少ないので、現場で使える物を厳選する印象を受けました。自分が知っている範囲では中華圏も北米も多めに撮影して編集に伸びしろを残す印象がありますが、日本は使う場所が決まっていてそこがOKだったら次の撮影、みたいな。効率的で緊張感は一番高まります。日本ではそういう違いを感じました。

―今年で俳優デビュー10周年を迎えられましたが、今後の抱負など教えてください。

 引き続き国境に関係なく仕事をしていけたらと思いますが、家族に2~3カ月に1回しか会えないのはどうにかしないと、という思いもあり、どこかに定住したい気持ちもあります。でも、仕事で縁があればどこへでも飛んで行きたいです。一つの場所で活動するのもいいと思いますが、自分は最初からそうではなかったし、それが自分の命題かな。後は、お世話になった人たちが世界のいろいろな所にいるので、映画や音楽を通してお礼参りをしたいですね。

―「あさが来た」で日本でも一気にお茶の間で知られることになりましたが、人気の実感はありますか。

 おばあちゃんが喜んでくれるのはやっぱりうれしいです。それにNHKは日本以外でも見られるので、今までほかの国で応援してくださった方に届くのもすごくうれしいですね。

取材&テキスト:中村好伸

武術の達人ケンジ・ハラダを演じる

武術の達人ケンジ・ハラダを演じる

 

荒野のピンカートン探偵社_仮ジャケ海外ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」
DVD‐BOXIはアミューズソフトより2016年1月13日に発売。価格は1万2000円(税抜)。DVD‐BOXⅡは2016年2月3日に発売。価格は1万円(税抜)。


特集・インタビュー

(C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED Photo by Hilary Bronwyn

【映画コラム】戦後のアメリカを見詰め直した力作『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

映画2016年7月23日

 1940~50年代、米ソ冷戦下で起きた赤狩りに巻き込まれて投獄され、仕事も失った脚本家ダルトン・トランボを主人公にした『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が公開された。  本作は、トランボ(ブライアン・クランストン)の受難とそれに続く … 続きを読む

中田綾役の阿部純子

「『純ちゃんって月っぽいね』と言われました」 阿部純子(中田綾)【とと姉ちゃん インタビュー】

ドラマ2016年7月22日

 二人の妹と母を守って奮闘する小橋常子(高畑充希)を描く連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。戦後、女性のための雑誌作りに目覚めた常子は女学校時代の親友・中田綾(阿部純子)と再会する。名家の出で、卒業と同時に結婚した綾だったが、戦争で夫と父、そし … 続きを読む

玉=細川ガラシャ役の橋本マナミ

「長澤さんが自分の下着を脱いで貸してくれました」 橋本マナミ(玉=細川ガラシャ)【真田丸 インタビュー】

ドラマ2016年7月19日

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、豊臣家の有力大名でありながら徳川家康(内野聖陽)についた細川忠興の妻で、明智光秀の娘の玉(細川ガラシャ)を演じている橋本マナミ。バテレン追放令下でキリスト教を信仰し、悲劇の最期を遂げる玉の苦悩と信念を語る。 … 続きを読む

片桐且元を演じる小林隆

【コラム 2016年注目の俳優たち】第10回 小林隆&近藤芳正 軽妙なユーモアで物語を支える三谷作品の常連俳優 「真田丸」

ドラマ2016年7月18日

 豊臣秀次(新納慎也)が悲痛な最期を迎え、豊臣家の行く末に暗雲立ち込める「真田丸」。このところ、登場人物の死が続き、重苦しいムードも漂う。とはいえ、毎回後味が悪くならないのが、このドラマのうまいところだ。  その秘密の一端は、絶妙に配置され … 続きを読む

吉野太夫役の中島亜梨沙

「歯磨き粉の最後みたいに色気をぎゅーっと絞り出しました」中島亜梨沙(吉野太夫) 【真田丸 インタビュー】

ドラマ2016年7月17日

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀吉(小日向文世)さえ翻弄(ほんろう)した才色兼備の名妓、吉野太夫を演じている中島亜梨沙。華やかで機知に富む雰囲気と権力者を相手にする緊迫感が同居する酒席ならではの空気感を表現する苦労を語る。 &nbs … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top