水嶋ヒロ主演『黒執事』クランプアップ 3年ぶり映画で「達成感を味わっています」

2013年6月6日 / 15:18

(c)2014 枢やな/スクウェアエニックス (c)2014 映画「黒執事」製作委員会

 3年ぶりに俳優に復帰した水嶋ヒロが主演する映画『黒執事』がこのほどクランプアップし、6日、写真が公開された。

 原作は世界42の国と地域で発行され、累計発行部数が1500万部を突破している人気コミック。19世紀後半の英国を舞台に、名門貴族に仕え、知識、教養、料理、武術と完璧、しかしその正体は悪魔というスーパー執事セバスチャンの活躍を描く。今回の映画版では、原作から約130年後、西洋と東洋の文化が入り乱れたアジアの都市を舞台にした完全オリジナルストーリーで描かれる。

 水嶋は、シャープに見せるため体重を50キロ台に落とし、約4カ月間に及ぶアクション練習などを経て、アクションシーンなどに挑戦。完全無欠な悪魔の執事役として、その人間離れした動きを完璧に体現したという。「1カ月半に及ぶ久しぶりの撮影は、コツコツと地道に進んで行く、まるで登山をしているかのような感覚でした。無事撮影を終え、頂上にたどり着いたときと似たような達成感を味わっています」と充実ぶりをアピールした。

 一方、映画でセバスチャンの主人役となるオリジナルキャラクター、汐璃(しおり)を演じた剛力彩芽は男装に初挑戦。「撮影が終わってしまって、とても寂しいです。撮影していた映像がすごくきれいでしたので、これからCGなども加わりどういう画になるのか今からとても楽しみです」と期待感を語った。

 お互いの印象については、「剛力さんが演じる汐璃はとてもすてきで、発する言葉からにじみ出る苦しみや悲しみを感じる度に鳥肌が立ちました」と水嶋が語れば、剛力も「水嶋さん演じるセバスチャンは、完璧でスマートな役ですが、水嶋さんのお芝居も本当に完璧。私はついていくだけでしたが、本当に主演が水嶋さんでよかったです」とお互いに絶賛。さらに水嶋は「20代最後の、俳優として頑張る自分の姿が記録されている記念の作品でもありますし、これから公開が終わるまで、引き続き『黒執事』に力を注いでいきたいと思います」と今後への意気込みを示した。

 映画『黒執事』は2014年新春全国公開。配給はワーナー・ブラザース映画。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top