嵐・二宮「私、二代目・豊川悦司です」 「セリフは飲みながら覚えた」

2013年3月16日 / 14:51

 (左から)水原希子、生瀬勝久、豊川悦司

 映画『プラチナデータ』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、大友啓史監督が登壇した。

 本作は、非公式に集められた国民のDNAデータ(プラチナデータ)から犯人を特定するという、最先端の捜査が可能になった近未来の日本が舞台。プラチナデータの捜査結果から、殺人の容疑者となった天才科学者・神楽(二宮)と、彼を追う腕利きの刑事(豊川)との追跡劇が展開される。

 二宮は「皆さんありがとうございます。無事公開にたどり着きうれしいです」と晴れやかな表情であいさつ。先月の完成披露試写会で、豊川から“エロの後継者”に任命された二宮は「申し遅れましたが、私、二代目・豊川悦司です」と自己紹介し、会場の笑いを誘った。

 劇中では豊川に追われ続けるシーンが多く「(出演シーンの)3分の1ぐらいは1人で走ってたんじゃないかな」と撮影を振り返った二宮。豊川が「バックに同じ建物を入れたりして“君たちは離れているようで意外と近いところにいるんだよ”という(大友)監督の演出があったので、実は割と一緒に撮影しました」と明かすと、二宮も「ラブストーリーの王道ですね。すれ違いってやつです」とちゃめっ気たっぷりにコメント。豊川は「次回はどっぷり共演したい」と笑顔で応えた。

 また、神楽の同僚を演じた杏が「待ち時間の二宮さんとセットの中の神楽が全然違う。オーラがふわっと変わる瞬間を見られたのは貴重だった」と語ると、生瀬が「本番に入ったときの集中力がすごい。前日1、2時間しか寝てないのにセリフがしっかり入っている。じゃあセリフはいつ覚えたんだ?」と二宮に問い掛けた。

 すると二宮は「結構、飲みながらとか、何かやりながら覚えますね。あまりセリフだけを覚えるということはない」と告白。それを聞いた生瀬は「すごい! 俺なんか飲みながらなんて絶対無理だ。だってお酒飲めないもん」とボケると、すかさず二宮が「同じ土俵に立ってないじゃん」と突っ込んで会場を沸かせた。

 この日の舞台あいさつの模様は全国72カ所の劇場で同時生中継され、同時に見る観客の数は、日本映画史上最多の6万人という“プラチナ記録”を達成。二宮は「なかなかないことなんじゃないですか。こういうことを共有できるのはうれしい。向こうの会場の雰囲気も知りたいな」とニッコリ。「今日からついに始まります。いろんな思いを一つでも多く受け取っていただきたい」と観客にメッセージを送った。


芸能ニュースNEWS

竹内涼真、中条あやみと新CMで兄妹役 中条「こんな爽やかでイケメンのお兄ちゃんがいたらいいな」

イベント2020年8月6日

 電子書籍配信サイト「コミックシーモア新CM発表会」が6日、東京都内で行われ、CMに兄妹役で出演した竹内涼真と中条あやみが出席した。  新CMで、兄の漫画好きに影響される妹役を演じた中条は「何か目が似ているんじゃないかなって思います」とにっ … 続きを読む

小池栄子「叱ったり、ほっぺたをつねったりしている」 タモリへのドS対応にTOKIOが仰天

テレビ2020年8月6日

 女優の小池栄子が、5日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演した。  番組では、ダウンタウンの松本人志やタモリ、作家の村上龍氏など、数々の大物著名人と共演してきた小池が、プライベートの交遊録を語る場面があっ … 続きを読む

水卜麻美、最近痩せた理由を告白 「今のうちに“太りしろ”を作っている」

テレビ2020年8月5日

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑いタレントの加藤浩次ほかが、4日放送のバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)に出演。朝の情報番組「スッキリ」(同)のスタッフが、加藤らMC陣の“裏の顔”を告発した。  番組ス … 続きを読む

二宮和也「嵐の“推しメン”は大野さん」 「歌っていないときに休む癖がある」

イベント2020年8月5日

 「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」が5日、東京都内で行われ、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出席した。  ソフトバンクは、臨場感あふれる視聴体験を実現する新コンテンツサービス「5G LAB」を発表。その一 … 続きを読む

浜辺美波、理想は「好きな男の子に写真を撮ってもらうシーン」 北村匠海「女子会感に付いていけない」

映画2020年8月5日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公開直前生配信イベントが4日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、ゲストとしてYouTuberのエミリンが出席した。  男女4人の高校生の恋愛模様を描いた本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で … 続きを読む

page top