「ハヤブサ消防団」ラストの展開に視聴者衝撃 「やっぱり真っ黒だった」「ラスボスなのか」

2023年9月8日 / 10:47

「ハヤブサ消防団」(C)テレビ朝日

 中村倫也が主演するドラマ「ハヤブサ消防団」(テレビ朝日系)の第8話が、7日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 東京から戻り、多くの人でにぎわうハヤブサ地区に驚いたミステリ作家・三馬太郎(中村)は、混乱しながらも、映像ディレクター・立木彩(川口春奈)の家へと急ぐ。

 ところが、太郎の前に現れたのは“アビゲイル騎士団”の後継団体、“聖母アビゲイル教団”の弁護士・杉森登(浜田信也)と、太陽光発電企業“ルミナスソーラー”の営業員・真鍋明光(古川雄大)だった。

 杉森は、彩は自分たちの仲間であり、もう太郎には会わないと宣言。当の彩も一瞬だけ姿を見せるが、太郎から目をそらして、扉の向こうに消えてしまう。

 ハヤブサ地区に集まっているのは、単なる観光客ではなく、聖母アビゲイル教団の信者たちであることは明白だった。消防団員たちが危機感を募らせる中、太郎は教団がなぜハヤブサという土地を選んだのかがふに落ちないでいた。

 そんな中、太郎の家に突然、ハヤブサ地区に住む白髪の女性・映子(村岡希美)が現れ、その後、映子を追うかのように、彩が太郎に会いにやって来る。久々に対面した彩に、太郎は「全部うそだったんですか」と問い掛けるが…。

 その後、太郎は自宅で見つかった写真に写っていた謎の女性・山原展子(小林涼子)が、アビゲイルの創設者であることを知り、展子の人生をひもとくための行動に出る。

 太郎が中山田(山本耕史)と共に調べを進めると、展子の兄がハヤブサで暮らす“随明寺”の住職・江西佑空(麿赤兒)であることが判明。

 その後のラストシーンでは、随明寺に向かって集団で歩いてくる教団の信者たちを、江西が「ハヤブサへ、ようこそ」と言い、両手を広げて迎え入れる場面が描かれた。

 放送終了後、SNS上には、「やっぱり住職は真っ黒だった。怪しい部分はあったけれど、まさか兄だったとは」「アビゲイル創設者の山原展子の兄が住職だったとは…驚いた」「和尚さん、何かあると思っていたけれど、お兄さんだったのはびっくり」「殺人事件の指示を出したのも住職なのだろうか。ラスボスは住職か?」などのコメントが投稿された。

 このほか、「映子さんと呼ばれている白髪の老婆は一体何者?」「次週の最終回もどんでん返しがあるのかな。楽しみ」「やっぱり中山田さんが気になる。お願い! 白であってほしい」といった声も上がった。

「ハヤブサ消防団」(C)テレビ朝日


芸能ニュースNEWS

「厨房のありす」“ありす”門脇麦のピュアな告白に視聴者涙  「ありすを受け止める“倖生”永瀬廉にキュンキュンした」

ドラマ2024年2月26日

 門脇麦が主演するドラマ「厨房のありす」(日本テレビ系)の第6話が25日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、自閉スペクトラム症(ASD)の料理人・八重森ありす(門脇)と彼女と暮らすゲイのシングルファーザー(大森南朋)、彼女の料 … 続きを読む

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」「今週はまさかの鏑木さんに泣かされた」「天音ちゃんのストーリーからも目が離せない」

ドラマ2024年2月26日

 西島秀俊が主演する日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し、音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情 … 続きを読む

「おっパン」“大地”中島颯太&“円”東啓介カップルに「尊い」の声 「嫉妬してすねる円先輩がかわいい」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年2月26日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第8話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年 … 続きを読む

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

Willfriends

page top