「こっち向いてよ向井くん」“向井くん”赤楚衛二のラストの決断に感動の声 「ダメな向井くんからの後半の成長ぶりに涙した」

2023年8月24日 / 15:05

「こっち向いてよ向井くん」(C)日本テレビ

 赤楚衛二が主演するドラマ「こっち向いてよ向井くん」(日本テレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 元カノ・美和子(生田絵梨花)との再会をきっかけに、すっかり元サヤに収まった気でいた向井くん(赤楚)は、美和子に「元カレ」呼ばわりされて、ノックダウン寸前。

 前カレのことが気になって「なんで彼と別れたの?」と聞くと、美和子の答えは「結婚しようって言われたから」という全くの予想外のものだった。

 「結婚なんて必要ない、今だって十分幸せなのに、なぜみんな結婚なの?」と主張する美和子。10年前に向井くんと別れようと思ったのも、結婚を目指している向井くんの気持ちに気付いてしまったからだった。

 ズルいとは分かっていても、このままの関係がいい…と葛藤する美和子を、向井くんはいつものように抱き締めてしまう。

 一方、向井くんの幸せを願う父・隆(光石研)は、頼まれてもいないのに向井くんの結婚相手を探そうとして、公子(財前直見)をブチギレさせてしまい…。

 ラストでは、自身の結婚観を語る美和子に対し、向井くんが「美和子は分かっているんでしょ。美和子が行きたい場所に行くために向き合う相手は、少なくとも俺じゃない」と伝え、「終わりにしよう」と別れを告げる。

 放送終了後、SNS上には、「美和子に共感しながら見た。美和子は結婚したくないというより『結婚するのが当たり前という価値観のもとで結婚するのが嫌』なんじゃないかな」「向井くんは普通に結婚したいだけなのに、周りの女性が自我の強い面倒臭い人ばかりで可哀想。もっと合う人がいると思う」「このドラマを見ていると、昭和と令和の違いが歴然と出ているなと感じた」など、さまざまな声が投稿された。

 また、美和子との別れを決断した向井くんについて、「ダメな向井くんからの後半の成長ぶりに涙した」「ラストの赤楚くんの演技に大泣き。向井くん、よく別れを言えたね」「向井くん、きっぱり別れられて本当によかった」といった反響が寄せられた。

「こっち向いてよ向井くん」(C)日本テレビ


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top