「どうする家康」第18回からタイトルバック第2弾が登場 加藤拓演出統括「戦国時代は本気モードで家康に襲いかかります」

2023年5月15日 / 07:05

「どうする家康」の新タイトルバック (C)NHK

 嵐の松本潤が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」。14日にオンエアされた第18回「真・三方ヶ原合戦」の放送分からタイトルバックが変更となった。

 変更に際し、演出統括の加藤拓氏と、タイトルバックのアートディレクター・菱川勢一氏(DRAWING AND MANUAL)からコメントが到着した。

 加藤氏は「徳川家康の生涯はとても長い。『どうする家康』のタイトルバックは、家康の人生とともに激動の戦国時代“全部”を表現するので、一つのパターンでは描き切れません」と第2弾制作の経緯を説明。

 続けて、「伸びやかな青年期から絢爛(けんらん)たる“戦国ど真ん中”へ。『三方ヶ原合戦』で家康は死に直面し、そのことが彼に強く生きる覚悟を目覚めさせるのです。タイトルバックのアップデートもここがターニングポイントでした。日本史上最高のエンターテインメント戦国時代は本気モードで家康に襲いかかります!」と語った。

 一方、菱川氏は「タイトルバックの変更が、なぜこのタイミングだったかといえば『三方ヶ原の戦い』で家康が学んだことは大きく、転機だといえることが大河の物語として大きな分岐点になるという考えからでした」とコメント。

 また、「実はタイトルバックの制作は監督や役者の方々と細かく意見を交わすようなことはあえてせず、古沢(良太)さんの脚本と、時代背景に遺された美術(着物の装飾や絵画など)を参考にしてイメージを膨らませています。唯一のコンセプトとして、昨年一度ドラマの演出陣全員とミーティングしたときに決めた“抽象的に表現する”というものがあります。ドラマを見る方々が想像を膨らませることができる表現を目指すというものです」と明かした。

 さらに、菱川氏は「タイトルバックというものは悲しい話のときも、楽しい話のときも、同じ映像がオープニングに流れます。同じ映像なのに毎度違うように感じられるように抽象表現を用いています。『石のように見えるものは家臣たちかな』『太陽のような丸いものは家康か、または瀬名かな』など、丸や線で構成したアニメーションにどこか人を投影してしまうような想像を導く映像を心掛けて作っています」と語った。

 


芸能ニュースNEWS

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

Willfriends

page top