清野菜名、中学時代の“失恋エピソード”を披露 交際相手が「違う女の子をバックハグしていた」

2022年10月15日 / 06:53

(左から)山田裕貴、清野菜名、松坂桃李、内田理央 (C)エンタメOVO

 映画『耳をすませば』公開初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の清野菜名、松坂桃李、山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来と平川雄一朗監督が登壇した。

 本作は、1995年に公開された人気アニメ映画の原作となった柊あおい氏の漫画『耳をすませば』を、10年後のオリジナルストーリーも加えて、実写映画化。

 中学生のときに約束を交わした雫と聖司が、大人になった今、離れ離れになりながらも互いを思い続け、夢に向かって突き進む様子を描く。

 この日、映画に絡めて、「自身の甘酸っぱい青春の思い出」を尋ねられた清野は「甘酸っぱいというよりはすごく青々としているのですが、体を動かすのがすごく好きだったので、高校生の頃は毎日夜、公園に行って、高い所に空き缶を置いて、後ろ回し蹴りの特訓をしていました」と明かした。

 松坂から「誰かを倒したかったの?」と驚かれると、「映画『バイオハザード』を見てすごく憧れて。あの蹴りをやりたいと思って、そこから毎日練習していました」と語って照れ笑いを浮かべた。

 松坂は「今思い返すと甘酸っぱい思い出」として、「中学時代、夏休みの最後に部活仲間と海で花火をしたんです。そのとき、一人の打ち上げたロケット花火が、背中に鬼の似顔絵が描いてある、割と怖い感じの人たちの所に飛んでいっちゃって…。『何やってんだ、てめえ、コラ~!』と砂浜を追い掛けられました。みんなで一斉に土下座して謝りました」と語った。

 続けて、安原ら現役高校生が“校内の恋愛事情”についてトークを展開。それを聞いているうちに清野が「今思い出しました。私は中学生のときにお付き合いをしていた人がいたのですが、自分の教室の後ろのドアをバッと開けたら、その男の子が違う女の子をバックハグしていて。それを見て『振られた』と思ってダッシュで逃げました。めちゃくちゃショックでした」と語って共演者を驚かせた。


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top