竹内涼真、出演3作目の池井戸潤原作作品に感慨 「今回の『アキラとあきら』も宝物になった」

2022年8月27日 / 06:46

(左から)竹内涼真、横浜流星、高橋海人 (C)エンタメOVO

 映画『アキラとあきら』初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、児嶋一哉、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。

 池井戸潤氏の同名小説を実写映画化した本作は、対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう姿を描く。

 幼くして過酷な運命に翻弄(ほんろう)されてきた山崎瑛(アキラ)を竹内、大企業の御曹司ながら次期社長のいすを拒絶し、血縁のしがらみにあらがい続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じる。

 この日は、映画のテーマにちなみ「自身が融資したいと思うぐらい情熱を注いでいるもの」を、タイトルにちなみ「○○(名前)と○○(対象)」という形式で発表することに。

 横浜は「流星と芝居」と掲げ「皆さんそうだと思うのですが、僕は他に情熱を注ぐものがないので」とコメント。

 「これがなくなったら自分じゃないみたいな。(自分は)まだまだというのが分かっているからこそ、もっと情熱を注ぎたいと思って芝居にしました」と語った。

 「涼真と潤」と答えた竹内は「池井戸先生を潤と呼び捨てにするのは初めてなのですが」と苦笑した。

 「僕、池井戸先生の作品は『下町ロケット』『陸王』ときて、これが3作目。本当にご縁がある。素晴らしい原作のストーリーを、3作もやらせてもらえたのは誇りだし、今回の『アキラとあきら』も自分の中で宝物になったなと思います」と語った。

 また、「『六本木』とも迷ったのですが、潤で!」と、現在放送中の主演ドラマ『六本木クラス』を引き合いに出して笑いを誘った。

 魚のイラストとともに、「海人とベタ」と答えた高橋は「最近、(熱帯魚の)ベタを飼い始めたのですが、びっくりしたことに生活が整って仕方がない」と告白。

 「今まで二度寝用に設定していたアラームの、1回目がベタに餌をあげる用になっている」と明かし、「誰かのためにしてあげたいという父性本能みたいなのが生まれまして、熱を注ぎまくっています」と話した。


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」“モラハラ彼氏”西垣匠の演技に悲鳴 「西垣くんが想像以上に怖くて震える」「早く逃げてー」

ドラマ2024年7月15日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第1話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)がメークの力で前を向き始め、モラハ … 続きを読む

「ブラックペアン シーズン2」「天城先生のオペシーン最高にしびれた!」「今日はアップルパイが食べたいな」

ドラマ2024年7月15日

 二宮和也が主演する日曜劇場「ブラックペアン シーズン2」(TBS系)の第2話が、14日に放送された。  本作は、2018年4月期に放送された日曜劇場「ブラックペアン」の続編となるメディカルエンターテインメント。シーズン1から6年後の物語を … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島くん”渡辺翔太のおんぶ&床ドンにもん絶 「ずっとキュンキュンできる」「あの終わり方は気になる」

ドラマ2024年7月15日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第2話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、人気同名コミックを実写化。イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶 … 続きを読む

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top