磯村勇斗、ロケ弁我慢で役作り 「本当の修行のようでした」

2022年6月7日 / 06:24

(左から)宇野祥平、磯村勇斗、北村優衣、城定秀夫監督 (C)エンタメOVO

 映画『ビリーバーズ』完成披露上映会が6日、東京都内で行われ、出演者の磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平と城定秀夫監督が登壇した。

 本作は、山本直樹氏の同名漫画を実写化。とある孤島で生活する、2人の男と1人の女。宗教的な団体に所属する彼らは、互いをオペレーター、副議長、議長と呼び合い共同生活を送っていたが、徐々にその関係に変化が生じ始める。

 主人公のオペレーター役を演じた磯村は、映画初主演。作品の完成について、「いつも以上に感極まっているというか、ここから『ビリーバーズ』がスタートするんだなと非常にワクワクしています」と笑顔であいさつした。

 俗世の汚れを払い落とすため、無人島で訓練をしているという役どころの磯村は「説得力を持たせるため、ご飯を我慢したり、食欲を捨てて臨みました。現場でロケ弁が出るのですが、みんなで『食べちゃ駄目だよ』とか、『今日はご飯だけちょっといいよ』と言い合いながら一生懸命耐えていました。本当の修行のようで、それ自体が僕ら3人の役作りになっていました」と振り返った。

 議長役の宇野は「ずっと3人で撮影していたので昔から知っているような。特に磯村くんには不思議な親近感を感じました」と告白。磯村も「生き別れの兄弟かと思いました」と調子を合わせて笑わせた。

 副議長役の北村は、オーディションでこの役を勝ち取ったという。「ちょうど俳優としてやったことのない作品に挑みたいと考えていた時期だった。この話を聞いたときに、本能でやりたいと思って受けたので、結果が出るときはものすごくドキドキしました」と語った。

 また、映画にちなみ「孤島に行くときに必ず持っていくもの」を尋ねられたキャストたち。磯村が「ダンボール。防寒になるし、燃やすこともできるので」と答えると、北村は「ナイフ」、宇野は「牛。牛を連れて行ければミルクが飲める」と続いた。

 映画は7月8日から公開。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「つらいけど見るのをやめられない」「えぐいけどこれは文学だ。そういう覚悟で見ているから大丈夫」

ドラマ2024年5月18日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第七話「がんもどき前編」が、17日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Believe」“狩山” 木村拓哉がついに出頭か?ラストの謎展開に反響 「予測不能にもほどがある」

ドラマ2024年5月17日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“陽月”芳根京子&“美咲”白山乃愛姉妹に感動 「“大友先生”錦戸亮が助けてくれるよね」「絶対に助かって」

ドラマ2024年5月17日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第6話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  大友郁弥(錦戸亮)との戦いに勝利した天堂海斗(赤楚)は、天堂記念病院の理事長に就任した。海斗は早速、父で … 続きを読む

ブルーモーメント」“彩”出口夏希と“真紀”石井杏奈姉妹が過去の悲劇と対峙 「姉妹それぞれの葛藤、そして進み始める姿に涙」

ドラマ2024年5月16日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第4話が、15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、山 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“大崎”宮近海斗が“愛花”田辺桃子に告白  「切なくて泣いちゃったよ」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年5月15日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋をしたことがない売れっ子俳優・渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながら … 続きを読む

Willfriends

page top