鈴木亮平『バズ・ライトイヤー』の日本版声優に決定 米国本社のオーディションで役を獲得「興奮しました!」

2022年5月27日 / 14:27

主人公バズ・ライトイヤーの声を演じる鈴木亮平 (C)2022 DisneyPixar. All Rights Reserved.

 俳優の鈴木亮平が、ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』で、主人公のバズ・ライトイヤー役の日本版声優を務めることが決定。併せて、日本版本予告が解禁された。

 『トイ・ストーリー』シリーズでアンディ少年のお気に入りのおもちゃのバズ・ライトイヤー。実は、アンディの人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公でもある。

 その映画こそが、本作で描かれる『バズ・ライトイヤー』だ。本作では、1200人もの乗組員と共に、危険な惑星に不時着してしまったスペース・レンジャーのバズが、地球に帰還するため、不可能なミッションに挑む姿を描く。

 米国本社のオーディションを経て、見事に日本版声優の座を射止めた鈴木は「興奮しました! あのバズ・ライトイヤーを僕がやらせていただいていいんだろうかという思いが一番強かったです。うれしかったですし、光栄ですが、ちゃんとやらなきゃいけないというプレッシャーも感じています」と語る。

 収録に臨むに当たっては、「バズがどういう人間で、何を求めて生きていて、どういう環境で育ってきたのかを考えるところから始めました。おもちゃのバズのモデルとなった“人間のバズ”をどこまで演じられるか、いろんなバズの面を掘っていきました」と振り返った。

 バズの魅力について聞かれると、「完璧じゃないところ。一見、完璧でかっこいいスペース・レンジャーに見える、本人もそうありたいともがいているけれども、実は失敗もたくさんして、人を育てるのが苦手。プライドと責任感は表裏一体だと思うんですが、そういう未熟なところと、片や、すごく愛情深くて優しくて、何か自分が間違えたと悟ったときには、すごく素直に自分を変えることができるという、未熟さと素直なところがバズの一番の魅力かなと思います」と話した。

 映画『バズ・ライトイヤー』は7月1日から全国公開。

 


芸能ニュースNEWS

中村倫也、有村架純の“熱い一面”を明かす 「来週、再来週の台本もチェックしている」

ドラマ2022年7月1日

 金曜ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の記者会見が1日、神奈川県横浜市で行われ、出演者の有村架純、中村倫也、赤楚衛二、おいでやす小田、さだまさしが出席した。  本作は、東大卒のパラリーガル・石子(有村)と高卒の弁護 … 続きを読む

塙宣之「ちむどんどん」で会社の社長・樋口役 暢子役の黒島結菜は「天然で人柄がいい子」

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。6月30日の59回から登場したナイツ・塙宣之からコメントが届いた。塙は「梅ちゃん先生」(2012)「まれ」(15)に続き、3度目の連続テレビ小説への出演となった。  本作は、本土復帰前の沖縄 … 続きを読む

吉沢亮、大先輩たちにひざまずかれ「せりふを言うとき声が震えた」 山崎賢人「水分補給をして、『キングダム』で盛り上がって」

映画2022年7月1日

 映画『キングダム2 遙かなる大地へ』ワールドプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市と佐藤信介監督が登壇 … 続きを読む

二宮和也、自由奔放なロボットにタジタジ 『TANG タング』インタビュー特別映像が解禁に

映画2022年6月30日

 嵐の二宮和也が主演する映画『TANG タング』から、ロボットのタングが二宮にインタビューをする映像が解禁された。  本作の原作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい1冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガ … 続きを読む

『アバター』最新作、日本公開日が12月16日に決定 美しいナヴィの少女が描かれたポスター&場面写真が公開に

映画2022年6月30日

 ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の待望の日本公開日が、全米公開と同時の12月16日に決定。併せて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、そし … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top