「真犯人フラグ」最終回“真犯人”の自白に反響 「胸がキューッとなる最終回」「2クールお疲れさま!」

2022年3月14日 / 08:59

“瑞穂”芳根京子(左)と“河村”田中哲司 (C)日本テレビ

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の最終話が、13日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまった相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 凌介は、対峙(たいじ)する部下の瑞穂(芳根京子)と親友の河村(田中哲司)を見詰めていた。

 瑞穂は、犯人しか知り得ない情報が書かれた小説『炊飯器失踪事件』は、河村が書いたものだという証拠を突きつける。

 河村はこれを否定するが、凌介は、その小説を読み、難読漢字を使う点に、河村の文章の癖が出ていることに気付いた。

 凌介が河村に「これを書いたのは、おまえだろ」と迫ると、河村は観念して、自分が犯した罪について語り始める。

 河村は学生時代から好きだった凌介の妻・真帆(宮沢りえ)を手に入れたいと願い、誘拐したこと、裏で一星(佐野勇斗)やバタコ(香里奈)らを脅迫して操っていたこと、真帆の不倫相手の林(深水元基)を殺害したことを告白。

 全ては、作家としての才能を持ちながらも、小説を書くことを辞め、真帆と結婚した凌介へのねたみが動機だったと語る。

 凌介は、河村に「真帆に会わせろ」と迫る。そして、河村の供述通り、目の前に置かれたひつぎを開けると…真帆はその中で、美しいまま永遠の眠りについていた。

 放送終了後、SNS上には、「河村の黒幕説は考えていたけど、真帆殺害は予想外だった」「田中哲司さんの演技に見入ってしまった。見応えがある最終回だった」「半年間、家族で『犯人は誰だ』って言いながら楽しかった。2クールお疲れさま!」などの感想が投稿された。

 また、真帆が河村に殺害されていたという悲しい結末に、「真帆にそっくりな人形であってほしかった。子どもたちのことを思うと胸がキューッとなる最終回だった」「真帆さん、亡くなっていたかあ…」「最期が残念過ぎて泣けるわ」といった反響が寄せられた。

“真帆”宮沢りえ(左)と“瑞穂”芳根京子 (C)日本テレビ

 

 

 


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top