鈴木絢音、初主演舞台「六番目の小夜子」開幕 今年の抱負は「のんびりと生きて生けたらいいかな」

2022年1月7日 / 21:22

(左から)尾碕真花、鈴木絢音、高橋健介

 舞台「六番目の小夜子」公開舞台稽古・囲み取材会が7日、東京都内で行われ、出演者で乃木坂46の鈴木絢音、尾碕真花、高橋健介が登壇した。

 本作は、恩田陸氏のデビュー作である同名小説を原作に、鶴田法男氏を総監督に迎えて舞台化。“サヨコ伝説”という不思議な言い伝えのある高校を舞台に、謎の転校生・津村沙世子を中心とした物語が展開する。

 主人公の謎の多い転校生・沙世子を演じる鈴木は「千秋楽まで元気に走り抜けられるように頑張ります」とあいさつ。「私はずっと動いている人間なので、動きを制限するのに苦労しました。ミステリアスさを出すためにピッと止まって演じています」と役作りについて語った。

 今回、鶴田総監督からホラー要素を出すための指導もあったという。尾碕は「『じーっと見てなかった?』とうせりふがあるんですが、そこをもっと印象付けたいとおっしゃっていただいて、『じーーーーっと見てなかった?』(とためて)言うようにしています。指導されないと気付かなかった点がほかにもあったので、こうして恐怖を作り上げていくんだと思いました」と説明。

 鈴木も「せりふの言い方が普段と違います。それが怖さにつながっていたらいいなと思います」と語り、2022年の抱負を聞かれると、「のんびりと生きていけたらいいかなと思います」と答えて笑顔を見せた。

 舞台は、16日まで都内・新国立劇場 小劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

中村倫也、有村架純の“熱い一面”を明かす 「来週、再来週の台本もチェックしている」

ドラマ2022年7月1日

 金曜ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の記者会見が1日、神奈川県横浜市で行われ、出演者の有村架純、中村倫也、赤楚衛二、おいでやす小田、さだまさしが出席した。  本作は、東大卒のパラリーガル・石子(有村)と高卒の弁護 … 続きを読む

塙宣之「ちむどんどん」で会社の社長・樋口役 暢子役の黒島結菜は「天然で人柄がいい子」

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。6月30日の59回から登場したナイツ・塙宣之からコメントが届いた。塙は「梅ちゃん先生」(2012)「まれ」(15)に続き、3度目の連続テレビ小説への出演となった。  本作は、本土復帰前の沖縄 … 続きを読む

吉沢亮、大先輩たちにひざまずかれ「せりふを言うとき声が震えた」 山崎賢人「水分補給をして、『キングダム』で盛り上がって」

映画2022年7月1日

 映画『キングダム2 遙かなる大地へ』ワールドプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市と佐藤信介監督が登壇 … 続きを読む

二宮和也、自由奔放なロボットにタジタジ 『TANG タング』インタビュー特別映像が解禁に

映画2022年6月30日

 嵐の二宮和也が主演する映画『TANG タング』から、ロボットのタングが二宮にインタビューをする映像が解禁された。  本作の原作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい1冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガ … 続きを読む

『アバター』最新作、日本公開日が12月16日に決定 美しいナヴィの少女が描かれたポスター&場面写真が公開に

映画2022年6月30日

 ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の待望の日本公開日が、全米公開と同時の12月16日に決定。併せて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、そし … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top