中村勘九郎「これは絶対に歌舞伎にしたい」 笑福亭鶴瓶の落語を歌舞伎で上演

2021年9月24日 / 16:40

中村七之助(左)と中村勘九郎

 TBS開局70周年記念「赤坂大歌舞伎」制作発表会見が24日、オンラインで行われ、出演者の中村勘九郎と中村七之助が出席した。

 本公演は、18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を」という一言から、2008年にスタートした名物シリーズ。今回は、「廓噺山名屋浦里」「越後獅子」「宵赤坂俄廓景色」が上演される。

 「廓噺山名屋浦里」は、笑福亭鶴瓶の新作落語を歌舞伎として創作し、16年に初演された。勘九郎は「鶴瓶師匠の落語を聞きに行ったのですが、いざ始まってみると、2分ぐらいで、歌舞伎座の大道具が見えてきたんです。これは絶対に歌舞伎にしたいと楽屋で直談判させていただきました」と経緯を説明した。

 初演では、特に千秋楽のカーテンコールが印象的だったという勘九郎は「幻想の中で終わる作品なので、カーテンコールが起こる演目でもないんですが、拍手が鳴りやまなくて。そのときに、鶴瓶さんとタモリさんが見に来られていたので、(舞台に)上がってくださって、一緒にごあいさつをしたのが忘れられないです」と思い出を明かした。

 一方、七之助は「(初演当時)女形の後輩たちが楽屋に押し寄せてきて、やりたい、やりたいと。(尾上)松也は『恥ずかしくて外に出られないぐらいボロ泣きしちゃったよ』って言ってくれていて、うれしかったです。短い時間で、女形の動きのアップダウンがあるのがこの作品の見どころの一つだと思います」と語った。

 今回の公演では、勘九郎の長男の勘太郎と、次男の長三郎も初登場するが、勘九郎は「大人になってどれぐらい覚えているか分からないですが、劇場の空気というものは、味わうのと味わわないのとでは全然違うので、父(勘三郎)の遺した『赤坂大歌舞伎』に出させてあげたいとお話ししたら、受けてくださった。本人も鋭意稽古中です」と話して父としての顔ものぞかせた。

 公演は、11月11日~26日に都内・TBS赤坂ACTシアターで上演。


芸能ニュースNEWS

マツコ「朝はちゃんと白米を食べなきゃ駄目よ」 北海道の鈴木知事は「国政のお尻」

CM2021年10月18日

 令和3年度北海道米「新米発表会」が18日、東京都内で行われ、タレントのマツコ・デラックスが登場した。  新CMは、リアルなアニメーションで描かれたマツコが音楽に合わせてキレのいいダンスを披露する中、実写のマツコが現れ“一人合いの手”を入れ … 続きを読む

田中圭「ムキムキになり過ぎないように筋トレをしている」 心が休まるアイテムは「オーダメード枕」

CM2021年10月18日

 山形米「雪若丸」新CM発表会が18日、オンラインで行われ、俳優の田中圭が出席した。  「雪若丸」のイメージキャラクターを務めて4年目となる田中は、「CM撮影の日が毎年楽しみ。この日は、朝ご飯は食べずに行くのですが、撮影でたらふく食べられる … 続きを読む

「真犯人フラグ」第2話 犯人予想の考察が過熱 「田中哲司と迫田孝也が演じる友人も怪しい」

ドラマ2021年10月18日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまった真面目なサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰 … 続きを読む

「二月の勝者」“黒木”柳楽優弥が「最高だった」 「中学受験に関する名言が刺さりまくった」

ドラマ2021年10月18日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者」(日本テレビ系)の初回が16日に放送された。  本作は、激変する受験界に舞い降りた最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり) … 続きを読む

「日本沈没」第2話「世界観に浸ってしまった」 関東沈没シミュレーションに「怖い」と衝撃

ドラマ2021年10月18日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿 … 続きを読む

amazon

page top