永野芽郁、コロナから復帰後、イベントに初登場 高田純次「芽郁ちゃんはパーフェクト」

2021年8月12日 / 13:16

永野芽郁 (C)エンタメOVO (1)

 「コンタクトのアイシティ 『eyecity市』 新CM発表会」が12日、東京都内で行われ、永野芽郁と高田純次が登壇した。

 新型コロナウイルスに感染し、療養していた永野。今月5日、自身のインスタグラムで仕事復帰を報告したが、マスコミ向けのイベントへの登場は、この日が初となった。

 新CMには、永野が「eyecity市」の市民、高田が「eyecity市」の新市長として出演。初共演の2人だが、撮影は別日に行われたため、本イベントが初対面となった。

 高田の第一印象を聞かれた永野は「大先輩なので、来るまでソワソワしてたのですが、初めてお会いしたときから、ものすごくスマートでダンディーで格好いい。さっきも『小判が入っているよ』ってプレゼントをくださったので、後で開けるのが楽しみです」と笑顔で話した。

 一方、高田は「今をときめく女性にお会いできて非常にうれしい限り。きれいだしね。よくグラフィックや映像では非常にきれいだけど、本人を見たらガタガタって場合があるけど、芽郁ちゃんはパーフェクト。これから、夢も希望もあふれていていいなと思います」と褒めちぎった。

 また、永野から高田に質問する一問一答コーナーも実施された。「今一番欲しいもの」を聞かれた高田は「私はあと生きても30年ぐらい。できれば不老不死の薬が欲しい。それがあったら何でも挑戦できる。この年でスケボーかなんかをやろうかな」と冗談を交えながら答えた。

 続けて、「芸能界で長く過ごしてきた秘訣(ひけつ)」を尋ねられると、「芽郁ちゃんは21歳で若いから、したいことは何でもやればいい。あとは、やっぱり関係者に季節ごとにお中元やお歳暮を贈ること。それだけやっとけば大丈夫」と“適当回答”。これを聞いた永野は声を上げて笑った。


芸能ニュースNEWS

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

「366日」“莉子”長濱ねるを守る“智也”坂東龍汰に絶賛の嵐 「智也、男を見せたな」「今日は智也が主役だ~っ!」

ドラマ2024年5月21日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  雪平明日香(広瀬)は、高校時代以降の記憶を取り戻すことのない水野遥斗(眞栄田郷敦)に寄り添いながら、クラリネット講師の道を歩 … 続きを読む

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

Willfriends

page top