「ボス恋」玉森裕太が上白石萌音に“お返しキス” 「キュンキュンが『恋つづ』を超える勢い」

2021年2月3日 / 07:14

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第4話が、2日に放送された。

 本作はファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)が鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事にも恋にも全力で突き進む姿を描く。

 ついに『MIYAVI』の創刊号が発売され、上京してからの出来事を振り返る奈未。改めて『MIYAVI』のページを開いた奈未は、ファッション業界の最先端のモデルたちとは程遠い自分を痛感する。

 おしゃれに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子からあきれられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのパーティーに奈未を同行させることにする。しかし、奈未はそのパーティーで、また潤之介(玉森裕太)と会ってしまい、複雑な気持ちに…。

 パーティーの最中、潤之介が健也(犬飼貴丈)に対し、「俺、彼氏なんで。俺の一番を二番にするとか、有り得ないから」と言い、奈未を連れ出すシーンが放送されると、SNS上には、「『ボス恋』最高! 玉森様の名言が誕生した」「手を引いて『行こっ』って言うときの笑顔にドキドキ」「かわいい。玉森沼にハマっていく人、急増だわ」などの感想が投稿された。

 ラストでは、雨が降る中、奈未が潤之介に思わずキス。すると、今度は潤之介から奈未にお返しのキスをする場面が放送された。

 SNS上は大盛り上がりとなり、「『ボス恋』、最後やば過ぎる。これは『恋つづ』を超える勢いだよ」「ドキドキが止まらない。かわいいとカッコいいと美しいが大渋滞」「キュンキュンが度を超えてる。玉ちゃんがキスし返すとか、美し過ぎて鳥肌が立った」などの反響が多く寄せられた。


芸能ニュースNEWS

西田敏行、吉永小百合の“初々しさ”に驚く 「時というのは人によって公平、不公平がある」

映画2021年4月14日

 映画『いのちの停車場』完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行と成島出監督が登壇した。  本作は、「在宅医療」に … 続きを読む

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

amazon

page top