岡田准一「真央さんにいいパスが出せるように頑張りたい」 『永遠の0』初日舞台あいさつ

2013年12月21日 / 14:28

 映画『永遠の0』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、三浦春馬、井上真央、原作者の百田尚樹氏、山崎貴監督が登壇した。

 本作は、百田氏の同名小説を映画化。特攻隊として戦死したにもかかわらず臆病者とさげすまれた祖父の秘密を孫が探る様子から、現代と昭和前半の若者像を交差させる。

 主人公のゼロ戦パイロット宮部久蔵を演じた岡田は「試写のときに、隣にいる百田さんが熱い涙を流しているのを見た。今皆さんがそれと同じ熱さを持っていることを舞台の上から感じている。この作品に携われたことを誇りに思っている。百田さんはもう7回見たと聞いたので、皆さんもそれに負けないように何度も見てください」とあいさつした。

 宮部の孫の佐伯健太郎を演じた三浦は「こんなに真剣に戦争について考え、観客に届けたいと思った作品は初めて。自分と(役が)リンクする部分も多かった。健太郎が成長していく姿は、演じていても気持ちが良かった」と語った。

 一方、宮部の妻・松乃を演じた井上は女性客の多さを見て「女性の方は、皆さん松乃みたいに愛されたいと思っているのでは。戦争を描いた映画をこんなにたくさんの女性に見ていただけたのがうれしい」と語った。

 また、岡田はミステリアスな役柄について「とにかく苦しい役だったけど、監督に支えられた。監督は身を削りながら作っていて、神懸かっているようだった。困っていると監督の方から声を掛けてくれた。まるで心を読まれているような感じだった」と明かした。

 最後に、今年を振り返りつつ来年の抱負を聞かれた岡田が「『永遠の0』がロングランされて長く見続けていただける作品になることを願っています。また、来年は大河ドラマもあるので、再来年の真央さんにいいパスが出せるように頑張りたい」と語ると、井上は「緊張するのでそこそこのパスで結構です」と返した。


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top