真木よう子「母親との確執が少なからずある」 上白石萌歌「真木さんに感謝しています」

2020年2月5日 / 18:27

上白石萌歌(左)と真木よう子

 特集ドラマ「ファーストラヴ」試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の真木よう子、上白石萌歌が登場した。

 直木賞受賞作家・島本理生氏の同名小説をドラマ化した本作は、公認心理士の主人公・由紀(真木)と父親を殺した女子大生の環菜(上白石)のやり取りを中心に、繊細な女性心理を描く。

 オファーを受けたときの心境について、真木は「女性としてこの役をやってみたいと思いました。子どものときの親って、自分にとって必ずしもパーフェクトじゃなかったんです。虐待をされたり、法に触れるようなことはなくても、女性だったらあのときのお母さんの一言が許せなかったとか、母親との確執というのは少なからず持っているので、それがこの作品で出せるんじゃないかなと思いました」と振り返った。

 上白石は役作りについて「撮影に入る前に裁判を見に行きました。肉眼で手錠を掛けられている人を見て身震いしたり、そこで繰り広げられている空気感を肌で感じて撮影に臨みました。作品を撮っている間は、自分と役との境い目が分からなくなるぐらいに向き合った作品でした」と語った。

 役柄を通じて上白石と対峙(たいじ)した感想を聞かれた真木は、「本当の気持ちでこちらがぶつかると(上白石が)きちんと返してくれるので、役者としての信頼感がありました。上白石さんと(母親役の)黒木瞳さんの親子のお芝居を見て、素晴らしいと思いました」と絶賛した。

 対する上白石は「お芝居をしているときは、真木さんの目に助けられました。真木さんの熱量や愛を受け取ることができて、真木さんじゃなければ生まれなかった感情があったので、感謝しています」と笑顔で話した。

 ドラマは22日 午後9時~10時59分、NHKBSプレミアムほかで放送。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「人の愚かさとおかしさと悲しさと優しさって全部切り離せない」「仲野太賀の演技は本当に心に残る」

ドラマ2024年4月13日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第二話「親おもい」が、12日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

Willfriends

page top