福山雅治、主演映画を駄じゃれでアピール あいうえお作文で「願いマチネ」

2019年11月2日 / 12:11

福山雅治(左)と石田ゆり子

 映画『マチネの終わりに』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキと西谷弘監督が登壇した。

 本作は、芥川賞作家・平野啓一郎氏の同名小説を映画化。世界的なクラシックギタリストと女性ジャーナリストが東京、ニューヨーク、パリで愛を育んでいく姿を描く。

 本作でクラシックギターに初挑戦した福山「普段僕がやっているポップスやロックとは全く違う。ゼロからのスタートで、撮影が始まるギリギリまで不安だった」と、西谷監督に演奏の吹き替えを頼んだことを明かした。

 だが、カット割り表にあった「代役の可能性あり」の文字を見つけ、「弱音を吐いている人みたいじゃんと思って、が然頑張ろうと思った」と振り返った。

 原作の大ファンだったという石田は「必ず映画化されるだろうと思って、そうなったら(ヒロインの)洋子役をやりたいと周りに言っていました」と告白した。

 そして「洋子は力強く、優しく、繊細で大和なでしこのような部分もあって、女性としての欠点がない。演じるには、集中してその世界に入るしかなかった」と苦労を吐露した。

 25年ぶりに石田と共演した福山は「石田さんは、その全てを持ち合わせている」と絶賛。さらに「僕はエンディングが大好き。皆さんはその先を想像されると思うけれど、それはもしかしたら皆さんの深層心理にある願い、祈りかもしれません」と意味深にアピールした。

 登壇者は、タイトルのさらなる浸透を図るため、マチネを使った「あいうえお作文」に挑戦。福山は1文字ごとに長文を即興で披露した。

 だが「チ」のところで「超大ヒット、ロングヒットして(中略)さらに皆さんの心に刺さるよう、よろしくお」と、単語の途中で切る大胆な論法を展開。最後の「ネ」で「願いマチネ」と強引な駄じゃれで締めくくり、ファンから笑いが起きると、ドヤ顔を見せた。

(左から)西谷弘監督、桜井ユキ、福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top